カーディーラーへの転職はやめろ!カーディーラー営業を3年半続けた僕が理由を語ります。

「カーディーラーの営業マンとして転職しようと思ってるけど、他の人にやめた方がいいって言われたし、実際どうなんだろう?」
そう思っているのではないでしょうか?

車好きの方であれば一度は考えたことがあると思います。

ただ、そう思って転職される方でも「やっぱり理想と現実は違っていた…。辛すぎる。」と絶望される方が多く、僕もその中の1人。

佐山
佐山
僕は車が大好きだったのに、カーディーラーで嫌な思いをしまくったため、一時期は車を見るのもつらかったです…。泣

今回の記事では、日産のカーディーラーに3年半勤めた僕が、カーディーラーに転職するのをやめたほうがいいと思う理由について解説していきます!
リアルな事情も交えてお話しするので、カーディーラーに転職を考えているあなたの参考になるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください!

それではまず最初に、僕や僕の同僚で退職した方を含め、実際に働いていた方の多くがカーディラーをやめたいと思う理由について解説していきます!

カーディーラー営業をやめたいと思う4つの理由

多くの方がカーディーラー営業マンがやめたいと思う理由は以下の4つです!

【カーディーラー営業をやめたいと思う4つの理由

 ①休みがない

 ②残業がやばい

 ③給料が安い

 ④車が全然売れない

①休みがない

基本的にカーディーラーは休みが少ないです。
なぜなら、休みの日でもお客様対応に追われることが多いから。

僕が以前いた会社でも、休み中でもお客様対応に追われている営業マンが多く、みんなひーひー言っていました。

佐山
佐山
休みが少ないせいで家庭環境が悪くなり、離婚した先輩もいましたね…。

休みがないという理由でやめたいという方は非常に多いです。

②残業がやばい

カーディーラーの営業マンあるあるが「残業がやばい」ということです…。笑
定時に帰れるのは本当にまれで、基本は毎日残業。

僕の前いた会社は定時が18:30なのに、18:30からアポ電を30件とかザラでした…笑

佐山
佐山
定時と業務内容の矛盾がハンパじゃなかったですね。笑

そういった理不尽な業務形態に嫌気がさしてやめていく方も多いです。

③給料が安い

「営業マンだから給料もいいんでしょ?!」とよく言われますが、実際全然そんなことはありません。笑
もちろんトップ営業マンであれば月収50〜100万稼いでいる方もいますがほんの一握り。
一般的な給料の相場と同等か、それ以下の場合が多いです。

実際に僕も月収40万円の時もありましたが、それは本当に死ぬ気で頑張ったプラス運がよかったからという感じでした。
基本的には手取り15〜17万円を推移している感じでしたね。

佐山
佐山
むしろ営業じゃない職業の友達の方が給料がいいくらいでした。かなり生活も辛かったです…。

あれ?思ったより給料安いな…。という理由でやめる方も非常に多い印象ですね。

【保存版】給料が上がらない理由で辞めるべきか考えているあなたへ。収入を上げる4つのヒント

2020.11.06

④車が全然売れない

車が全然売れなくてやめていく方も多いです。

ぶっちゃけちゃんと勉強すれば車は全然売れるのですが、やはりサラリーマンなのか勉強しようと思う方は非常に少ないです。
それも、車を売ったところでそこまで給料に反映されないからとモチベーションが上がらないのも一つの原因かと思いますが。

佐山
佐山
頑張って車を売っても報われないのであれば、そりゃ勉強する気にもなりませんよね。

知識がない→車が売れないという悪循環に陥り、やめていく方が非常に多いです。

以上、多くのカーディーラー営業マンがカーディーラーをやめたいと思う理由でした!
僕も今この記事を書いていて当時の記憶がよみがえり、「マジで嫌だったな…」と感じています。笑

ただ、このような理由がありながら、やめられない人が非常に多いんですね。
次の章ではその理由について解説していきます。

カーディーラー営業をやめたいけど”やめられない”3つの理由

多くのカーディーラー営業マンが辞めてたいのに、辞められない理由は以下の3つです!

【カーディーラー営業をやめたいけどやめられない3つの理由

 ①次の仕事が見つからない

 ②上司からの圧でやめられない

 ③お客さんに申し訳ないからやめられない

①次の仕事が見つからない

まず一つ目の理由として「そもそも他にやりたい仕事がない」ということ。
辛くてもどこか諦めて現状に甘んじ、やめることができない方が非常に多いですね。

ただ、その原因は大体「他の世界を知らない」という場合がほとんど。

ちなみに僕はビジネスの世界に出会い、やりたい仕事に巡り会うことができました。
今は本当にやりがいがある仕事なので、情熱を持って取り組めています。

だからこそ、次の仕事が見つからないという方は積極的に「新しい世界」に触れることが重要。

ただ、正直サラリーマンをやっている間はそういった機会がないので、中々次の仕事が見つからない方が多い印象です。

②上司からの圧でやめられない

「上司からの圧がやばい」というのが、やめられない理由ランキング堂々のトップなのではないでしょうか。笑
僕の同期でも1年くらいやめられなかったという話も聞きますし、苦戦している方が多い印象です。

③お客さんに申し訳ないからやめられない

「お客さんに申し訳ないからやめられない…」という方は非常に多いです。
僕もその1人で、お客さんから「え、やめないよね?」みたいなことを言われまくっていたので、めちゃめちゃ思っていました。笑

佐山
佐山
「俺が辞めたらお客さんは露頭に迷ってしまう…」みたいな謎の責任感を感じていました。笑

はっきりいって僕らには関係のないことなのですが、色々な人から「やめないで!」と言われて結局辞められないという人は非常に多いです。

以上、カーディーラー営業マンがやめたいのにやめられない理由でした!
当事者にとっては重い問題かもしれませんが、客観的に見ると「ただの言い訳かな?」という感じですし、今でこそ思います。

次の章では、そんな僕がカーディーラーをやめた理由について解説していきます!

僕がカーディーラーをやめた3つの理由

僕がカーディーラーをやめようと確信した理由を3つ解説していきます!

【僕がカーディーラーをやめた3つの理由

 ①時間の自由が全くない

 ②車を売っても給料が増えない

 ③ストレスで左半身麻痺した

①時間の自由が全くない

営業の定めなのか、時間の自由が全くありませんでした。
お客さんからクレームがあれば何があっても飛んでいきますし、休みの日だろうが仕事が終わってからだろうが電話がきて出なくてはいけませんでした。
かといって、その時間に給料が発生することはありません。

佐山
佐山
自分の人生を何者かにコントロールされている感覚が嫌で嫌でたまりませんでしたね。

②車を売っても全然給料が増えない

想像を遥かに超える搾取にビビりましたね。

当時、ある月に営業利益を500万円出した月がありました。
その時は「まぁ、いくら低くても5%くらいはもらえるだろう!」と期待していました。

ですが、給料日当日、報奨金の明細を見てみると、なんと「20,000円」だったのです。

佐山
佐山
もはや何がなんだかわからず、その場で爆笑したのを覚えています。笑

そんな報われない給与形態に嫌気がさしたことも一つの理由です。

③ストレスがやばい

ずっと人と関わる仕事なので、とにかくストレスがヤバかったです。

ストレスがたまりすぎて、当時23歳だったのにも関わらず白髪まみれでしたし、ある日突然左半身が麻痺してぶっ倒れたこともありました。

佐山
佐山
この時は本気で死を覚悟しました…。

何が一番怖いかって、自分がその状況になっていて「これはやばい」という認識がなかったことですね。
当時はそういった状況になっても「あぁ、仕事しなきゃ」みたいな感じでしたから。
今考えると恐ろしいです。笑

以上、僕がカーディーラーを辞めた理由でした。
これは辞めるでしょ、という内容だと感じられると思います。笑

これが実情なので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:カーディーラーへの転職はやめましょう

以上、カーディーラーへの転職をやめたほうがいい理由について解説しました!
いかがでしたでしょうか?

僕が実際に3年半働いて感じたリアルな話をさせていただきましたが、マジできついです。笑

「俺は車が大好きなんだ!」「一度やってみたい!」という方はチャレンジするのもありですが、そこまでではない人はやめておきましょう。

ちなみに僕は現在カーディーラー営業の仕事をやめ、独立してIT系の会社を経営しています。
転職も考えましたが、サラリーマンのままでは限界もあることを悟り、独立の道を選びました。

現在進路に迷われいている方にとっても、独立という選択肢はありだと思いますよ。