【投資で脱サラ起業を考えている方へ】投資家として脱サラ起業はアリ?他の起業法と比較してみた!

「投資で脱サラ起業して自由な生活を送りたいなぁ」
そう思っているのではないでしょうか?

投資がうまくいけば、働かなくてもお金が入ってくるようにもできますよね。
そうすれば、脱サラして会社に縛られることもなく、自分の趣味や家族との時間を存分に楽しめたりと、自由な人生を手に入れることができます!
あなたも「投資家として脱サラ起業できたらどんなに楽しいだろう!」そう思っているかと。

ただ一方で「投資で脱サラするのってどうなの?」と疑問に思われているのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、投資家として脱サラ起業はアリなのか?インターネットビジネスで起業し、投資も経験してきた僕が、投資家と他の起業する手段を徹底比較していきます!

最後までみていただければ、あなたが脱サラ起業して投資家としてやっていけるかどうか理解できるようになりますし、まず何をやるべきかが明確になるでしょう。
脱サラ起業して自由になりたい方は、是非最後までご覧ください!

ちなみに起業法についてもより詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください!

独身サラリーマン必見!脱サラして自由になるための3ステップ!

それではまず最初に、投資家として脱サラ起業するとは一体どういう状態のことを指すのか?
定義について解説していきます!

投資家として脱サラ起業する定義

投資家として脱サラ起業する定義とは、
個人投資家1本で食べている状態のことを指します。

個人投資家の種類として主なものとして、

  • FXトレーダー
  • 株式投資
  • 不動産投資

以下はガチな金持ちのみ↓

  • エンジェル投資家
  • 金融系案件への投資

…などなど、様々あります。

どの手段にせよ、一般的に個人起業家として食べて行く道のりとしては、サラリーマンや他のビジネスで起業し、ためてきた資産で投資をおこない、利回りだけで食べていける状態にたどり着く、というものがあります。

そのため、正直資金のない方に関しては、投資での脱サラはおすすめできません。
なぜなら、投資とはお金でお金を増やすものであり、資金がものをいうビジネスだからです。

FXにしろ株式投資にしろ、サラリーマンで取り組んでいる方が大勢いらっしゃいますが、サラリーマンレベルの収入では、投資家として食べていく状態をつくるのはまず不可能に近いです。

金融商品に関しては、利回りが絶望的なので、ほぼ無理ですね。

例えば、年間の利回りが5%の投資案件があり、そこに10万円の資産を投資に回したサラリーマンが年間手にできる利益はたったの5,000円。
それに対して、1億円の資産を投資した場合、年間500万円もの利益をもたらします。

つまり、投資家として脱サラ起業するには、まず十分に利益を出せるだけの資産を持っていることが絶対条件になります。
投資に回す資産がない方は、まずは投資に回す資金を集めることを優先的に取り組んでいきましょう。

とはいえ、投資家として脱サラ起業するメリットは非常に大きいです。
次の章では投資家として脱サラ起業するメリットをお伝えしていきます!

投資家として脱サラ起業する3つのメリット

投資家として脱サラ起業するメリットは以下の3つです!

【投資家として脱サラ起業するメリット

 ①時間的な自由が手に入る

 ②好きな場所で暮らすことができる

 ③ノンストレスな生活を送ることができる

①時間的な自由が手に入る

一般的な脱サラ起業は、サラリーマンとは別に自分で事業を立ち上げてビジネスをやる必要がありますが、投資で食べていけるようになれば労働をする必要がありません。

なぜなら、勝手にお金がお金を生み出してくれるからです。

仮に利回りが年間10%の案件に1億円をおいておけば、それだけで年間1000万の利益がもたらされます。

そんな個人起業家として独立することができれば、圧倒的な時間の自由を手に入れることができます!

②好きな場所で暮らすことができる

投資家の仕事は基本的にどこでも行うことができます。
不動産投資や金融系の案件に関しては1度手続きをすればOKですし、個人で行うようなFXにしろ株式投資にしろ、全てパソコンやスマホで取り組むことができるからです。

そのため、場所に縛られることなく、どんなところでも生活することが可能です。

ちなみに僕の知り合いでは、FXで食べていて、FX出稼ぎながら世界中を旅している方もいらっしゃいます。
本当に最高ですよね!

そんな場所の自由が手に入るのも、大きなメリットでしょう。

③ノンストレスな生活を送ることができる

投資家として脱サラ起業を成し遂げることができれば、ノンストレスな生活を送ることも可能です。
何もしなくてもお金を入ってくる状況ですし、どんな場所にいても自由です。
さらに1日中何を仕様が勝手ですし、うざい上司やめんどくさい通勤をする必要もありません。

ストレスがなくなれば心身ともに健康にもなりますし、毎日エネルギッシュに過ごすこともできます!

投資家として脱サラ起業すれば、そんなノンストレスな人生を送ることができてしまうんです。
最高ですよね。笑

以上、投資家として脱サラ起業する3つのメリットを解説しました。
僕も最終的には投資家として生きていくのが目標です。
ぜひ目指していきたいですね!

ただ、ものごとには良い面もあれば悪い面も存在します。
投資家として脱サラ起業するのにも、当然デメリットは存在し、実際に投資家として脱サラ起業する上でそれらを理解することは非常に重要です。

次の章では、そんな投資家として脱サラ起業するデメリットについて解説していきます!
しっかり抑えておきましょう。

投資家として脱サラ起業するデメリット

投資家として脱サラ起業するデメリットは以下の2つです。

【投資家として脱サラ起業するデメリット

 ①投資で食べていくためのハードルがかなり高い

 ②他のビジネスと比べて難易度が高い

①投資で食べて行くためのハードルがかなり高い

冒頭でもお話しした通り、投資で食べて行くためのハードルはかなり高いです。
なぜなら、投資とは「お金でお金を増やす行為」だから。
つまり、資金のない方はそもそも投資に取り組むことができない、もしくは資金の少ない方はうまくいきづらいということですね。

実際僕も昔FXをやっていましたが、大体20万円ほどで運用していました。
ただし、かなりの時間を費やし、どれだけ頑張っても月に増えた金額は2万円ほど。
非常に効率が悪かったですね。

それに対して数千万、億単位の金額を運用することによって、たったの数分で何万、何十万の利益を産むことができます。
資金があればの話ですが。笑

資金がない場合投資で食べていくのは難しいので、投資家として脱サラ起業するのはかなりハードルが高いことを覚えておいてください。

②他のビジネスと比べて難易度が高い

他のビジネスと比べて難易度が高いこともデメリットですね。
投資は知識と情報が全てなので、初心者が初めから成功するのはかなり難しいです。

投資で食べて行くにはそれ相応のスキルが必要ですし、そのスキルというのは経験をしなければ身につきません。
資金がない方は必然的に実践する数が少なくなりますし、スキルを身に付けるスピードはかなり遅いです。

また、稼げる案件や手法などは、本当のお金持ちの間でしか出回っていないため、一般人がそういった情報を知るのはまず不可能。

僕の知っている方で、数年間FXの投資に取り組み、本業以外の時間を全て費やしても月に7万円程度の収入しか稼げない方がいらっしゃいます。
正直、普通のバイトをした方がまだ稼げるんじゃないかと。笑

もちろん成功した時のリターンは計り知れませんが、それくらい「投資で稼ぐ」というのは難易度が高いものなんですね。
それをどう捉えるかはあなた次第ではありますが。

基本的に投資は他のビジネスで起業するよりも難易度が非常に高いことは頭に入れておきましょう。

以上、投資家として脱サラする2つのデメリットについて解説しました。
ぜひこれらを加味した上で投資家で脱サラ起業を目指すか判断していただければと思います!

次の章では、投資家での起業も含め、安定的に脱サラ起業をする上で大切なポイントについて解説していきます!

安定的に脱サラ起業するための2つのポイント

安定的に脱サラ起業するためのポイントは以下の2つです。

【安定的に脱サラ起業するための2つのポイント

 ①失敗のリスクが少ないビジネスを選ぶ

 ②難易度の低いビジネスを選ぶ

①失敗のリスクが少ないビジネスを選ぶ

失敗のリスク名が少ないビジネスを選ぶのは、安定的に脱サラする上で非常に大事です。
なぜなら、高いお金を出して開業して失敗したら再起不能になってしまうから。

例えば、リスクの高い起業でいうと「飲食店」が有名ですが、場所によっては開業に1000万円以上必要な場合もあります。
それこそ、失敗したら復活するのがかなり難しいですよね。

投資に関しても、手法によってはリスクの少ないものもありますが、基本的には投資した資金が全て吹き飛ぶことだってありえます。
特にFXはそれが顕著ですよね。

だからこそ、安定的に脱サラ起業するためには、失敗のリスクが少ない手段を選ぶことが重要です。
それについては後ほど解説していきます!

②難易度の低いビジネスを選ぶ

2つ目は、難易度の低いビジネスを選ぶということ。
脱サラ起業に失敗に終わる人がなぜ失敗に終わってしまうのか?
それは、難しいビジネスをやってしまうからですね。

これも同じく、実業系の飲食店やフランチャイズなどが代表例です。
お店を借りて、材料を仕入れて、社員を雇って、といった形でやることが非常に多く、しかも資金繰りが難しかったり、そのくせ利益率は悪かったりなど、難易度が本当に高いです。
マジでおすすめはしません。

安定的に脱サラ起業するためには、まずは難易度の低いビジネスを選んで、確実に食べていける状態や資金がある状態を作ってから、余剰資金で難易度の高いビジネスに取り組むことをおすすめします!

難易度の低いビジネスについても、後ほど解説していきます!

以上、安定的に脱サラ起業するための2つのポイントについて解説させていただきました!
ぜひこの2点を抑えた上で、脱サラ起業を目指していただければと思います!

次の章では、いよいよ投資家としての起業と、他のビジネスを比較していきたいと思います!
これを見ることによって、あなたは投資家として起業した方がいいのか?
それとも他のビジネスで起業を目指した方がいいのか?はっきりわかるようになります!

先ほど解説した、安定的に脱サラ起業するポイントと照らし合わせてチェックしてみてください!

【難易度別】「投資家での起業」と「他のビジネスの起業」を比較してみた

難易度別に、投資家での起業と他のビジネスを徹底比較していきます!
下記の表にまとめてみました!(横スクロールしてご覧ください!)

名前 概要 月20万円稼ぐのに必要な資金 月20万円稼げるまでの最短期間 難易度
投資家 ①FX 通貨の売買の差額で儲けるビジネス。 100万円(資金) 未知数(数年経っても負けている人も…) 若干高い
②株式投資 ある企業の株を購入し、会社の売り上げによる配当で儲けるビジネス。 1000万円(資金) 1年 超絶高い(ほぼ不可能に近い)
③不動産投資 不動産を購入し、家賃収入で利益を増やして行く 8000万円(借入) 半年 やさしい(ただし資金が必要)
WEB制作系 ④プログラマー システム開発やWEBサイトの立ち上げなどを行う。 50万円(プログラミングスクール) 1年 普通
⑤WEBデザイナー 企業のWEBサイトやWEBページのデザインを行う。 50万円(WEB制作スクール) 1年 普通
実業系 ⑥フランチャイズ 企業の看板を借りて自分で開業する方法。 100〜300万円 1ヶ月 かなり高い
⑦飲食業 自分で飲食店を経営する方法。 1000万円 1ヶ月 かなり高い
インターネットビジネス系 ⑧アフィリエイト ある企業の商品を代行販売するビジネス。 0円 1ヶ月 やさしい
⑨コンテンツビジネス 有益な情報を発信し人を集め、自社、他社の商品を販売するビジネス。 1万円 半年 かなり高い

上記の表をみていただけばどのビジネスが脱サラする上でもっとも効率的かおわかりになるでしょう。
それぞれのビジネスについて解説していきます!

投資系の脱サラ起業

まず最初に投資家として起業するパターンを3つご紹介していきます!

①FX

まずFXトレーダーとして独立する場合必要になってくるのは、「トレードのスキル」。
当たり前ですがこれがなければ食べ続けていくのは不可能です。

ただ、そのトレードスキルを高めるためには、かなりのリスクを伴います。
時間はもちろん、実際にお金を投資する必要があるからです。

少ない金額でトレードを行うにしろ、やはり資金がない状態でやるのは、正直苦しいです。
僕もわずか20万円でトレードをやっていた時は、1000円減っただけでハラハラしていました。笑

それゆえ、かなり難易度の高い脱サラ起業する手段です。

ただ、しっかり戦略を立ててメンタルをコントロールできるようになれば、どんどん利益を出して行くことは可能です。
リスクは伴いますが、それ相応のリターンがある、それがFXトレーダーです。

②株式投資

株式投資も、ある意味FXと同じで差額で儲けを出す手法です。

ただ、株式投資で脱サラするのはほぼ不可能と言っていいでしょう。
なぜなら、利回りが少なすぎるのと、資金がないと話にならないからです。

過去の日経平均株価を例に出すと、1年間でたったの8%しか増えていません。
つまり、100万円の株を買っていたとしても、1年間で8万円、年収8万円しか稼ぐことができません。
副業ならまだしも、専業で食べて行くのはほぼ不可能に近いでしょう。

③不動産投資

投資系の中で、不動産投資で脱サラする方は比較的多いです。
なぜなら、他の投資系のビジネスと比べると難易度が低いから。
ターミナル駅に近い物件など、リスクの少ない物件を選べばこける可能性は低いです。

ただし、ある程度の知識を得ることと、信頼できる不動産の営業マンと出会えるかどうかも重要ですね。
また、不動産を買うということは多大な借金を背負うということなので、社会的信用を失う覚悟も必要です。

とはいえ自分でコントロールしなくていい分難易度は低く、上手くいけば十分に脱サラできる可能性はあるでしょう。

WEB制作系で脱サラ起業

次にWEB制作系で脱サラ起業する手段を2つご紹介します!

④プログラマー

プログラマーとは、ある企業や個人起業家のビジネスを円滑に進めるためのツールだったり、システムを作成する仕事です。

2020年現在、プログラマーが最も需要のある職業と言っても過言ではなく、様々な企業から引っ張りだこ状態です。プログラミングスキルを身につける人が爆増しています。

だたし「プログラミングのスキルを持っているだけ」だと大きく稼ぐ事は難しく、ある程度の営業能力も必要になってきます。スキルを身につけただけで1円も稼げていない、という方もザラにいます。

それゆえ、脱サラ起業するハードルは若干ですが、高めです。

ただ、最もホットなビジネスには間違いなく、今後も伸び続ける職業ではあるので、取り組む価値は十分にあるでしょう。
ある程度自分で仕事をとって来れる自信がある方には非常におすすめです!

ちなみにプログラミングスキルを身につける上で、progatetというサイトが最も有名です。
気になる方は一度覗いてみてください。

⑤WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、主に企業のWEBサイトの構成作りからデザインまでを行う職業です。
プログラミング同様、WEBデザイナーも需要が爆発しています。

コロナショックによりオンラインビジネスが急速に普及し始めたため、WEB系のビジネスは今後伸び続けると言われています。一度スキルを身につければ、長期的に稼いでいけるビジネスです。

ただしプログラミング同様、WEBデザインも専門のスキルが必要です。
十分に稼いでいけるまでには時間がかかるため、脱サラ起業のハードルは高いでしょう。

もしデザインが好きな方であれば、脱サラしフリーランスのWEBデザイナーとしての道も大いにありですね。

ちなみにWEBデザインのスキルを学ぶのであれば、internetacademyというサイトが最も有名ですので、興味があれば覗いてみてください。

実業系で脱サラ起業

実業系のビジネスで脱サラ起業する方法を2つご紹介します!

⑥フランチャイズ

フランチャイズとは、ある企業のお店の看板、確立されたサービスや商品を使う権利をもらい、その対価を本部に支払うことで個人で経営することが可能なビジネスです。

例えば、セブンイレブンなどのコンビニや、全国チェーンの飲食店(CoCo壱番屋、コメダ珈琲など)、レンタル事業などもフランチャイズ経営のところが多いです。
僕は地元が田舎なのですが、コンビニはフランチャイズ経営されているところが多く、「あそこの家の人があのセブンやってるらしいよ!」みたいな話も結構ありました。笑

フランチャイズを利用するメリットとしては、既に有名になっている企業のブランドの力を借りることができ、経営初心者でもある程度は集客に困らないというメリットがあります。
また、本部で社員教育のマニュアルや商品開発もしてくれるので、自分は経営に専念することができます。

逆に言えば売り上げを上げられなかった場合でも本部にお金を支払わなければならないというデメリットもあります。
経営なので当然と言えば当然ですが、これがかなりのハイリスクで事業を上手くいかせること自体非常に難しいです。

ただ、「脱サラして経営したい!」という方にとっては、自分で事業を立ち上げるよりはるかに楽に開業できるのでおすすめです。

フランチャイズ比較.netでフランチャイズの案件を見ることができますので、興味のある方は開業に必要なものも含め、こちらを見てみてください!

⑦飲食業

カフェ、レストラン、軽食など、ちょっと前まではタピオカ屋を開く方も多かったですね。
うまくリピーターを増やしていければ、継続して稼いでいけるビジネスです。

ただ、飲食業の開業資金や毎月の固定費はフランチャイズ、他のビジネスと比べてはるかに高く付きます。
店舗の内装、外装のリフォーム、厨房機器、什器類、原材料費、人件費、水道光熱費など、リスクも大きいです。
実際に10店舗中9店舗は3年以内に店を閉めているというデータもあります。
リスクがやばいですね。

それでも「脱サラして飲食をやってみたい!」という方であれば、チャレンジするのもいいでしょう。

インターネットビジネス系で脱サラ起業

僕も取り組んでいる、インターネットビジネス系の脱サラ起業する方法を2つご紹介します!

⑧アフィリエイト

アフィリエイトとは、Web広告手法のひとつで「成果報酬型広告」とも呼ばれます。
要は「ある企業の商品」を「代行販売」して、そこから紹介料をいただく、といったビジネスです。

例えば、自分のブログに「青汁」の広告を貼っておき、そのブログにアクセスした人が広告から青汁を購入すると、そこから何%かの成果報酬が得られます。

自分で商品を仕入れたり作ったりせず、紹介するだけでお金を得られたり、紹介する商品は「ネット上の問屋」と呼ばれる「ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)」から無料でいくらでも探すことができるので、手軽に始めることが出来ます!

リスクが少ない上に、成果報酬のため収入に上限がなく、実はアフィリエイトで年商10億売り上げている企業や、個人でも1億稼いでいる人はそこら中にいます。
リスクが少なく初心者にも取り組みやすいのに、これだけ稼げるポテンシャルがあるのは最高ですよね。笑

実際に僕もサラリーマン時代、副業でアフィリエイトに取り組み、そのまま脱サラをすることが出来ました。
パソコン1台で取り組めるので、今ではカフェや自宅で悠々自適に仕事をしています。
非常に快適ですし、脱サラ起業する上でこれほど適したビジネスはないでしょう。

投資系や実業系などとは比べ物にならないほどリスクが低く、パソコン1台で起業できるアフィリエイトは、
「自由な生活も欲しいし、大きく稼いで億万長者にもなりたい!」という欲張りな方にも非常にマッチしたビジネスです!

ちなみにアフィリエイトについて詳しく学びたい方はこちらの記事をご覧ください!

サイドビジネス人気No.1のアフィリエイトの仕組みと収入を得る3ステップを徹底解説!

⑨コンテンツビジネス

コンテンツビジネスとは、自分のオリジナル商品を販売してお金を稼ぐビジネスです。

ネット上で有益な情報を発信して人を集め、そこで自社商品を販売するのが主流で、
例えば、ハンドメイド作品を自作してメルカリでそれを販売したり、自分が得意な分野の情報商材(恋愛上達法、テニス上達法など)を作って、noteというサイトで販売したりと。

つまり、コンテンツビジネスは自分の趣味で仕事ができてしまうということです。

ただし難易度が最大級です。笑
マーケティング、コピーライティング、ブランディング、自己プロデュースなどなど、覚えることもやるべきことも非常にたくさんあります。

ただ難しい分、本当にうまくいけば月収100万円といった大きな額を稼いでいくこと自動で稼いで行くこともできます。

何か極めた分野があって、自分で商品を作れそう方にはおすすめの起業法です。

以上、投資家としての起業と、他のビジネスでの起業の徹底比較でした!
あなたの脱サラ起業の選択肢の参考になればと思います!

まとめ:まずはリスクの少ないビジネスでの起業がおすすめ

以上、投資家としての脱サラ起業はありなのか?そして他のビジネスでの起業法との徹底比較について解説しました!
いかがでしたでしょうか?

正直、投資家としての脱サラは非常に難易度が高いです。
スキルも必要、資金も必要、経験も必要。
たしかに投資家として脱サラ起業できれば、かなり自由な人生を手に入れることはできますが、中々難しいでしょう。

そこで僕のおすすめの起業法が「アフィリエイト」。
解説させていただいた通りアフィリエイトは他のビジネスとは違い、資金0で取り組むことができます。
しかも20万円稼ぐのに1ヶ月もあれば十分です。
ぶっちゃけチートと思われても仕方がありません。笑

実際に僕も半年で月収20万円を達成し脱サラを果たしましたし、僕のコンサル生では初心者の方でも1ヶ月で20万円、3ヶ月目で50万円、4ヶ月目で70万円を達成された方もいます。

なぜ初心者からこれほどまでに成果を出せるのかと言いますと、アフィリエイトにはある一定の「型」があり、それを真似ればいいからです。
だから初心者でも成果を出すことができるんですね。

ちなみに僕のコンサル生が次々と月収20万円を稼いでいるアフィリエイトに興味のある方は、下記のページをご覧ください!

僕のコンサル生が初月から5万円以上、2ヶ月目で20万円以上稼いでいるアフィリエイトとは?