本当に仕事ができる人の特徴

どうも、佐山です。

今回の記事では、本当の意味で仕事ができる人の特徴についてお話ししていきたいと思います。

世間一般的に仕事ができる人と言えば、

・仕事が早い
・上司の言うことを忠実にこなせる

などと言ったものがあると思います。

確かに、これらも一つの要素ではあるのですが、本当に仕事ができる人には、もっと深い理由があるんですよね。

それについて理解することで、あなたの仕事力も上がっていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

本当に仕事ができる人のたった1つの特徴

本当に仕事ができる人の特徴、

それは、「自立をしている」ということです。

自立とは何か?

自分で考え、自分で行動ができる人のことを言います。

まぁ、言ってしまえば「起業家」は全員この考えを持っています。
それが起業家ですからね。笑

だからこそ、起業を目指されているあなたにとっても、非常に重要な考え方なのです。

ただ、ほとんどの方はサラリーマン思考、つまり「指示待ち人間」。
これでは本当の自立はできませんし、ましてや起業をしても成功するわけがありません。

そんな状態で起業をしても失敗しますし、
「国が悪い」「タイミングが悪かった」「景気が悪いから」
なんて。外部的要因を言い訳にするでしょう。

そんな人間が起業に成功できるわけがないですよね。笑

じゃあ、どうすれば本当の自立を目指すことができるのか?

それには明確な対策があります。

本当の自立を目指すには?

それは、

逆算思考を身に着ける

と言うことです。

要は、ゴール(目標)を達成するために、どういう道筋をたどればいいのか?そして今現在何を優先的にすべきなのか?

これを明確にし、最短ルートで仕事を遂行できる状態、これが本当に自立をしている状態であり、本当に仕事ができる人の最大の特徴です。

やっぱり、仕事ができる経営者さんは頭の回転が鬼速いです。笑
パッパッパと仕事をこなされます。

逆に言えば、指示待ちのマインドでいると、そもそもゴールが見えないので、指示された仕事はこなせますが、自分で考えて、自分が今何をすべきか?ということがわからないんですね。

だからこそ、「自分が目指しているゴール(目標)は何かな?そこに行き着くまでの最短ルートはなんだろう?」ということをしっかり考え、行動していくことが非常に大事なのです。

「逆算思考」ぜひ普段から意識して、仕事に取り組んでみてくださいね。