【完全版】サラリーマンにおすすめのサイドビジネス14選!選ぶ3つの基準も解説!

「今の収入にプラス5万、10万でも増えれば自分の趣味や家族を旅行に連れていけるし、サイドビジネスで副収入を稼ぎたい!でも調べてみたら色々ありすぎてどれが自分に合っているかわからない…。サラリーマンでも効率よく稼げるサイドビジネスってなんだろう?」
そう感じていませんか?

終身雇用の時代も終わりを迎えた今、本業の収入だけでは不安ということでサイドビジネスに取り組む方が急増。

あなたもお金に不自由を感じることなく思う存分趣味や旅行を楽しんだり、老後やお子さんの将来のために資産を蓄えたりするためにも、サイドビジネスで稼いでいきたいですよね!

ただ、そう言った風潮のせいか、ネット上ではサイドビジネスに関する情報が溢れかえっています。

サラリーマンの自分にとって、どんなサイドビジネスが向いているのか?効率よく稼いでいけるのか?正直よくわからないですよね。

ということでこの記事では、サラリーマン向けのサイドビジネスをご紹介すると共に、自分に合ったサイドビジネスを選ぶ基準について解説していきたいと思います!

佐山
佐山
この記事をきっかけに自分に合ったサイドビジネスを見つけ、ガッツリ副収入を稼いで豊かな生活を手に入れましょう!

まず最初に、サラリーマンがサイドビジネスに取り組むメリットについて解説していきます!

サラリーマンがサイドビジネスに取り組む3つのメリット

そもそも、なぜサラリーマンがサイドビジネスに取り組む必要があるのか?

サイドビジネスは単純に稼げるだけでなく、取り組むだけめ様々なメリットがもたらされるからです。

ということでまず最初に、サイドビジネスに取り組むとどんなメリットがあるのか?
解説していきます!

①家計に余裕が生まれる

サイドビジネスで副収入を得ることで家計にゆとりが生まれることは非常に大きなメリットです。
そうなると自然と心に余裕が生まれ、気持ちが軽い状態で過ごすことができます。

お金に縛られる苦しみから解放された生活が手に入るのはは非常に大きなメリットでしょう。

②趣味や家族サービスなど生活費以外にお金が使える

サイドビジネスで収入が増えれば、今まで使えなかった生活費以外にお金が使えるようになります。

そうすれば趣味のゴルフや釣り、車などにお金をかけることができたり、家族や彼氏彼女などを旅行に連れて行ったり、美味しいお店に連れて行ってあげたりすることができますよね。

自分の気分も上がるし、周りの人間関係も円満になりますし、生活費以外にお金が使えるというの非常に大きなメリットです。

③個人で稼ぐスキルが身に付く

サイドビジネスに取り組むと、副収入を得られるだけではなく、個人で稼ぐためのスキルも身につけることができます。

仮に今回のコロナショックで給料が下がったり、リストラにあったりといった突発的な問題にも、個人で稼ぐスキルがあれば対応することが可能です。

実際にサイドビジネスの収入が本業を超えている方や、サイドビジネスを本業にしている方もいます。

サイドビジネスに取り組むことによって、そういった個人で稼げるスキルも同時に身につけられるのは大きなメリットです。

【保存版】スキル習得できるおすすめの副業6選!スキル習得後の3つの選択肢も解説!

2020.12.25

次の章ではサラリーマンにおすすめのサイドビジネスについて解説していきます!

【ジャンル別】サラリーマンにおすすめのサイドビジネス14選

では、忙しいサラリーマンにとって、どんなサイドビジネスが向いているのか?

ジャンル別にわかりやすく、おすすめのサイドビジネスをご紹介してきたいと思います。

1.スキルが無くても気軽に始められるサイドビジネス

まず最初に手軽に始められるサイドビジネスをご紹介したいと思います。

特にスキルも必要ないので、誰でも今すぐに始められるサイドビジネスです。

まずお小遣い稼ぎ程度でいいのであれば、ここから取り組んでいきましょう!

①アルバイト

王道ですね。手軽に取り組めるサイドビジネスの一つです。

ライブの設営や引越し屋、警備のバイトなどであれば誰でも即日で雇ってもらえるところもあります。

また、外で行うものだけなく、アンケートモニターやデータ入力など、在宅でもできる案件もあるので、夜帰ってから家で取り組むことも可能です。

ただ、まとまった時間が必要なので、残業で忙しい方にはあまり向いていないかもしれません。

とにかく手っ取り早く今すぐ副収入が欲しい!と言う方にはおすすめです。

②自己アフィリエイト

自己アフィリエイトとは、様々な企業から様々な広告の案件が出されていて、その案件に対して自分で申し込みをして広告収入を稼ぐ方法です。

例えば、
「楽天カードを作っていただいたら、10,000円差し上げます」という案件があったとして、
実際に申し込んでクレジットカードを作成すれば、10,000円の報酬を稼ぐことができると言う形です。

一見「え、これって怪しいやつじゃ?」と思われがちですが、大手企業や有名企業が出している広告が多いので安心して取り組めます。

ただ、中には、実際に商品を購入しないといけなかったり、料金を支払ってサービスを受けないと報酬が支払われないものもありますが、無料登録、無料申し込みの案件だけを狙ったとしても十分稼ぐことができます。

例えば、楽天カードの作成案件なんかがありますが、CMで有名な通り、年会費永年無料です。

まずはこういった無料の案件をバンバンこなしていくだけで数時間で数十万円を稼ぐことができるので、どんなに忙しサラリーマンでも取り組めるおすすめのサイドビジネスです。

ただし、案件は1度きりしか出来ないので、継続的な収入は見込めません。

まず手っ取り早く数十万円の副収入が欲しい方におすすめです。

③不用品販売

実は家にある一見売れなそうな不用品でも販売してお金にすることができます。

例えばメルカリやヤフオクなどのフリーマーケットサイトで行います。

僕は以前、会社の表彰でもらった額縁が10個くらいあまっていて、それを5000円くらいで売りましたし、ルイヴィトンの袋や箱など「え、こんなの誰が買うの?」というものでも普通に売れます。

いらないものを処分できるので家も片付けられますし、かつお金も手に入るしで、いいこと尽くしですね。

商品の写真を撮って説明文を記入するだけですぐに出品することができますし、発送もコンビニで簡単に行えます。

時間の取れないサラリーマンでも片手間で行うことができ、かつすぐにお金になる優れたサイドビジネスです。

ただしこれも不用品が切れたら終わりなので、継続的な収入は見込めません。

1度限りのサイドビジネスだと思った方がいいでしょう。

④データ入力

データ入力の仕事は、パソコンへ数字や文字などのデータを打ち込む仕事です。

基本的に自分で考えて入力することはなく、キーボードの扱い方を知っていればできてしまうサイドビジネスです。

やり方に関しては「データ入力 バイト」などで検索し、案件を見つけ、申し込むだけです。

時給も高く、少なくとも1500円程度が相場になっていますので、普通のアルバイトと比べても破格ですね。

ただし雇ってもらえる条件が様々ですので、もしかすると忙しいサラリーマンだと敬遠される可能性はあります。

残業がそれほど多くなく、自由時間がたくさん取れる状態であれば、やる価値はあると思います。

すぐにお金を得られますし、時給も高いという、サラリーマンにとって割と最高のサイドビジネスと言えるでしょう。

⑤ポイントサイト

ポイントサイトとは、ポイントを貯めることで現金や特典と交換できるサイドビジネスです。

アンケートサイトとの違いとしては、ポイントを得られる案件がアンケートだけではない、と言うところです。

もちろんポイントサイトにもアンケートの案件もありますが、例えば、日常の買い物をポイントサイト経由で行うと買い物をした分のポイントがもらえたり、保険や不動産などの無料相談を受けにいくとポイントがもらえたりといった案件もあります。

しかもアンケートサイトと同じく、登録は無料ですので、気軽に取り組めるのも良い点です。

ただ、アンケートサイトと同じく、一つ一つの単価が低いので、まとまったお金を作るのが難しく、即金性に欠ける部分はあります。

隙間時間い取り組めることと簡単に始めらる部分はいいですが、即金性がないので、今すぐお金が欲しい方はアルバイトや不用品販売などをやったほうがいいかもしれません。

スキマ時間を有効活用したい、また、気長に取り組むのが得意!という方には向いているサイドビジネスです。

⑥アンケートサイト

アンケートモニターとは、ある企業が運営するサイトからアンケートに答えるとポイントがもらえ、そのポイントで現金や特典と交換できるサイドビジネスです。

基本的に登録から実践まで全て無料で取り組めたり、スキマ時間で行うことができるので、年齢層や生活リズムの変動関係なく、誰でも取り組めます。

スマホ1台でできるため、かなりハードルが低めですので、まずはやってみるのがおすすめです。

ただ、即金性は皆無に近く、1年間全力で取り組んでも良くて数万程度。

ポイントサイトと同じく、本当にお小遣い稼ぎ程度に捉えるのがいいかもしれません。

ガッツリ稼ぎたい人や、今すぐお金が欲しい方には向いていないサイドビジネスですが、片手間で取り組めてちょこっと稼ぎたい程度の方にはおすすめです。

2.パソコン1台でできるサイドビジネス

次にパソコン1台でできるサイドビジネスを紹介したいと思います。

忙しいサラリーマンにとって、パソコン1台でできる手軽さはかなり大きなメリットかと思います。

家でもできますし、電車通勤の方であれば通勤時間に取り組むことも可能です。

しかもパソコンでできるサイドビジネス、いわゆるネットビジネスは大きく稼げる手法が目白押しです。

仕事やプライベートのスキマ時間を有効活用しつつ、継続的に数万円以上稼いでいきたい方にはおすすめです。

それではご紹介していきたいと思います!

⑦アフィリエイト

アフィリエイトとは、Web広告手法のひとつで「成果報酬型広告」とも呼ばれます。

「ある企業の商品」を「代行販売」して、そこから紹介料をいただくというサイドビジネスです。

例えば、自分のブログに「青汁」の広告を貼っておき、そのブログにアクセスした人が広告から青汁を購入すると、そこから何%かの成果報酬が得られます。

自分で商品を仕入れたり、作ったりせず、紹介するだけでお金を得られたり、
紹介する商品は「ネット上の問屋」と呼ばれる「ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)」から無料でいくらでも探すことができるので、手軽に始められると、取り組んでいる方が非常に多いサイドビジネスです。

始めるのにリスクが0なので、初心者におすすめのサイドビジネスでもあります。

ただ、アフィリエイトもブログのアクセスを集めるのに時間がかかるため、すぐに稼げるわけではありません。

従って今すぐ稼ぎたい方には向いていないかもしれません。

時間はかかっても、将来自動で収入を生み出してくれる資産が欲しい方には非常におすすめのサイドビジネスです。

また、アフィリエイトはスマホでも取り組める手法が多いので、会社のスキマ時間を有効活用したい方には非常に向いています。

⑧FX

FXは簡単にいうと、ドルやユーロなどの日本円以外の通貨を売買する取引のことを指します。

2つの通貨間の変動の幅を利用して、その差額で儲ける投資手法です。

こちらもパソコンでもできますし、スマホアプリで取り組めるものも多いです。

僕もよくサラリーマン時代、スマホでFXのトレードを休み時間にやっていました。

基本的にFXで儲ける方法としては2つあり、

「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って、安く買う」

この2つになります。

例えば、1ドル=100円の時にドルを100円で買い、そのドルが120円にアップしたとします。

そして、そのタイミングでドルを売ると、20円の儲けが出るという仕組みです。

逆にそのドルが80円に落ちてしまったら、20円損するということですね。

もちろん稼げるようになるまで勉強や実践経験が必要ではありますが、トレードに慣れればたった1分で数万、数十万の儲けを出すことができるようになります。

極めれば将来サラリーマンを卒業してトレーダーとして生きていくことも可能です。

ただ、即金性は高いのですが、本当に稼げるまでには勉強や実践経験を積む準備期間が必要です。

稼げるまでに時間がかかるので、堅実にお金を増やしていきたい方には正直お勧めできません。

ですが多少のリスクを取ってでも即金性に優れたサイドビジネスに取り組みたい!スキマ時間で圧倒的に稼ぎたい!という方にはおすすめです!

⑨株式投資

株式投資とは、簡単に言うと「この企業は売り上げが伸びそうだな?」という、株式会社が発券している「株」を購入し、売り上げた額によって配当を受け取る投資です。

場合によってはすぐ売り上げがドカンと上がって結果が出ることもありますし、じっくりと売り上げを伸ばしている企業を狙って長期目線で行う手法もありますので、株式投資に関しては正直、短期長期どちらもいけるサイドビジネスです。

ただ、やはり安定して利益を出すためには知識と経験が必要になってきます。

取り組む難易度が高く安定的に稼ぐまでに時間がかかりますが、一度知識を得てしまえば安定的に利益を出し続けられる手段でもあります。

一つ注意点として取引ができるのは、平日の昼間のみになりますので、その時間に取り組めない方は物理的に取り組むことができません。

平日出勤、土日休みの方には厳しいかもしれませんね。

不規則な勤務形態で平日に取り組める、かつ長期目線で資産を構築したいというサラリーマンにはおすすめのサイドビジネスです。

⑩転売ビジネス

転売ビジネスとは、一言で言うと「安く買って高く売る」というサイドビジネスで、安くものを仕入れ、別の場所で高く売ることによって利益が生んでいきます。

例えば、ヤマダ電機やケーズ電機など家電量販店で買ってきたセール品を、Amazonやメルカリなどネットショップに必要な人に向けて定価で出品するなどして利益を出すサイドビジネスです。

ですので、他のサイドビジネスと比べても割と即金性が高く、すぐにお金を得たいと言う方にはおすすめです。

ただ、転売ビジネスも知識や経験が必要になってきます。

物価の変動によって利益が出るかどうかが変わるので、リサーチ能力が必須ですが、これは勉強や実践によって培われますので、稼げるようになるまで時間がかかってしまいます。

また、仕入れや出品など、基本的に肉体労働を行うので、本業も肉体労働で疲れて帰ってくる方には厳しいかもしれません。

体力には自信がある、時間が多く取れるという方にはおすすめです。

転売ビジネスは知識と経験さえ得られれば、後は安く仕入れて高く売るというシンプルなものですので、時間が取れる、かつ即金性を求めているサラリーマンには非常におすすめです。

3.スキルを活かせるサイドビジネス

次に自分自身のスキルを存分に活かせるサイドビジネスについて紹介していきたいと思います。

スキルが必要取れる分、他のサイドビジネスと比べても報酬の額は高いです。

もしあなたにスキルがあるのであれば、スキルを活かしたサイドビジネスは非常におすすめです。

それではどんなサイドビジネスがあるのか?見ていきましょう!

⑪営業代行

営業代行とは、その名の通り、代理で他の企業の営業マンを務めることをいいます。

言ってしまえば、フリーの営業マンのようなものです。

普通の営業と同じく、外回り系の案件と電話アポの案件に別れていまして、忙しいサラリーマンが取り組むのであればスキマ時間を利用して短時間で取り組める「電話アポ系」でしょう。

単価は案件によってまちまちで、基本的には時給で報酬を支払う案件が多いです。

ただ、ある企業と企業をマッチングさせただけで1万円もらえたと言う話も聞きますし、大型契約をとって一撃で160万を稼いだと言う話も聞きます。

やり方は簡単で、Saleshub(https://saleshub.jp/)やsidebizz(https://www.sidebizz.net/)などの営業代行の案件がたくさん掲載されているサイトで良さそうな案件を探すだけです。

もし普段営業をされている方なら朝飯前でしょうし、営業スキルに自信がある方なら、かなり美味しいサイドビジネスではないでしょうか。

⑫クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業が一般の方に対し業務を発注し、その案件を自由に受託して報酬をもらうサイドビジネスです。

公開されている案件は様々なものがあり、特別なスキルがない方でもできるようなデータ入力、スキルが求められるライティング、翻訳、Web制作などの案件があります。

自分のスキルをうまく活用できる案件が見つかるでしょう。

そして基本的に時給ではなく、成果物による単価で報酬が支払われる場合が多いです。

つまり、自由な時間や場所で自分のペースで取り組むことができるということですね。

やり方は簡単で、クライドソーシング案件が掲載されているWebサイトから案件を受ければOKです。

スキルもスキマ時間も活用できるサイドビジネスに取り組みたいという方にはおすすめです。

⑬ココナラ

ココナラ(https://coconala.com/)とは、他の人より優れたスキルや経験、知識を販売することができるサービスです。

例えばデザインが得意な方なら「似顔絵を書く」、文章を作るのが得意な方は「広告ページを作る」、ヘアーセットが得意な方なら「ヘアーセットのスキルを教える」などなど、自分が得意だと感じているスキルを販売することができます。

単価も最低500円から数万円と言ったものまでありますので、希少性のあるスキルを持っているのであれば強いですね。

大きく稼ぐのも夢じゃない、そんなサイドビジネスです。

納期が決まっている場合もありますが、サラリーマンのように時間指定などはないので、スキマ時間に取り組むことができます。

また自分のスキルをPDFファイルやYouTubeの限定公開動画などの情報商材(例えば、英語の上達方法!テニスの上達方法!恋愛心理テクニック集!など)にしてしまえば、ココナラに掲載しておくだけで勝手に利益を産むことができます。

自分の好きなことでサイドビジネスができて単純に楽しいですし、かつスキマ時間に自分のスキルを活かして楽しみながら取り組みたいサラリーマンには非常におすすめです。

⑭プログラマー

プログラマーとは、ビジネスを円滑に進めるためのツールだったり、システムを作成する仕事です。

基本的には企業から案件を受け、時給ではなく単価で報酬をもらう形態が多いですね。

単発での仕事も多いため、副業として取り組んでいる方も少なくありません。

そして2020年現在、プログラマーが最も需要のある職業と言っても過言ではなく、様々な企業から引っ張りだこ状態です。

サイドビジネスとしてプログラミングスキルを身につける人が爆増しています。

ただし、スキルを身につけなければ稼げないのがデメリットでしょう。

スキルを身につけなければ案件を受けることができませんし、人によっては難しいと感じることもあるため、スキルを身につけるハードルが高めなところが難点です。

収入を得られるまで根気強く続ける必要があります。

ただ、一度身につければかなり安定的に稼げるサイドビジネスではありますので、長期的に稼いでいける武器が欲しい、キャリアアップを狙いたい!と言ったサラリーマンにはおすすめです。

次の章では、自分に合ったサイドビジネスを選ぶための基準について解説していきます!

自分に合ったサイドビジネスを選ぶための3つの基準

以上、サラリーマンにおすすめのサイドビジネスを14個ご紹介させていただきました。

これ良さそう!というサイドビジネスは見つかりましたでしょうか?
ぜひ継続してガッツリ副収入を稼いでいただければと思います!

ただ、どのサイドビジネスが自分にあっているかわからない…といった方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、自分にあったサイドビジネスを選ぶための3つの基準について解説したいと思います。

この基準を設けることで、あなたに合ったサイドビジネスを見つけることができ、挫折することなく副収入を稼いでいけるようになりますので、ぜひチェックしてみてください!

①自分の状況を把握する

まず最初に大事なのは、自分の状況を把握することです。

自分の状況を明確にしてサイドビジネスを選ぶことで、挫折する確率を最小限に抑えることができます。

なぜなら、自分の能力を過信したり、自分の状況に合っていないサイドビジネスを取り組んだとしても、ほぼ100%の確率で挫折してしまうからです。

佐山
佐山
実は僕も昔、難易度が最強のサイドビジネスを選んで始めてしまい、1年取り組みましたが1円も稼げず、挫折を経験しました。

その時はスキルも稼ぐための十分な時間もなかったため、そのサイドビジネスは僕が取り組むべきものではありませんでした。

だからこそ、自分には今どんなスキルがあるのか?サイドビジネスに取り組む時間をどれくらい取れるのか?
自分の状況を明確にし、取り組めそうなサイドビジネスを選定することが非常に大事です。

自分の状況をしっかりと明確にしていきましょう。

②サイドビジネスに取り組む目的を明確にする

次に大事な基準は、サイドビジネスに取り組む目的を明確にすることです。

サイドビジネスに取り組む目的は5万円の副収入を稼ぐことなのか?個人で稼いでいくためにスキルを身につけるためなのか?起業するためなのか?

そういった目的から逆算して、それに見合ったサイドビジネスを選ぶことが重要だからです。

例えば、個人で稼いでいくスキルを身につけたい!という目的を持ってサイドビジネスを始めたのに、工場のアルバイトに取り組んでいても、目的は達成されないですよね。

だからこそ、あなた自身のサイドビジネスに取り組む目的を明確にすることが、大事な基準になってくるということです。

ぜひあなた自身の目的を明確にしていきましょう。

③サイドビジネスに費やせる時間を明確にする

最後の基準として、サイドビジネスに取り組める時間を明確にすることです。

稼げるまでにかかる時間と、自分がサイドビジネスに費やせる時間が合致していなければ、そもそも成り立たないからです。

僕自身、先ほども話しましたが、残業まみれで休みの日もお客さんから電話がかかってくるような営業マンをやっている状態で、稼げるまでに膨大な時間を費やさなければならないサイドビジネスを選んでしまい、大失敗を犯しました。

もちろん、その間稼げなくても将来的に稼げればいい、もしくはスキルが身につけばいい、と考えているのであればいいかもしれません。

ただ、今すぐ稼ぎたい、かつ時間がそれほど取れないのにプログラマーなどを選択してしまうと100%挫折してしまうということです。

だからこそ、あなた自信の1日のスケジュールを振り返し、自分はサイドビジネスにどれくらいの時間を費やせるのか?確認することが非常に大事だということですね。

以上、3つの基準を解説させていただきました。

ぜひこれら3つを基準に、あなたに合ったサイドビジネスを選定していただければと思います!

サラリーマンがサイドビジネスに取り組む際の2つの注意点

あなたに合ったサイドビジネスを選ぶ方法について解説させていただきました。

これで早速サイドビジネスに取り組めると思います。

ただサイドビジネスを始める前に、確認しておくべき注意点がありまので、重要な2つの注意点を解説していきたいと思います。

①確定申告をする必要がある

サイドビジネスで副収入を得た場合、自分で確定申告し税金を収める必要があります。

別にやらなくていいのでは?と言う意見もありますが、確定申告をやらないと、後で収入があったことがバレた時に税金が無駄に取られるという法律上の罰則が存在します。

そのため、確実にやっておきたいところです。

サイドビジネスで副収入を得た金額が20万円以上の場合、確定申告し本業とは別に税金を収める必要がありますので、月に2万円以上稼いだ場合は必要ということですね。

また、確定申告をする際に手続きを間違えてしまうと、税金の情報が自分が勤めている会社に飛んでしまうので、サイドビジネスやっていることがバレる可能性があります。

副業NGの企業に勤められている場合、気をつけておきたいところですね。

とにかく確定申告はマストでやっておきましょう。

②会社の規定を確認するべし

2つ目の注意点として、会社の規定を確認することです。

会社によっては規定に「副業NG!」と記載されている場合もあるからですね。

僕が元々いた会社もそうでしたし、もし副業をやっていることがバレると減給や、場合によっては退職などの処罰を受ける可能性が出てくるので、一度確認指定おきましょう。

まとめ

以上、サラリーマンにおすすめのサイドビジネス14選と自分に合ったサイドビジネスを選ぶ方法について解説させいただきました。

ちなみに僕もサラリーマン時代は、
転売ビジネス、自己アフィリエイト、不用品販売、ポイントサイト、アンケートサイト、アフィリエイトなど、色々なサイドビジネスに取り組んでいました。

ですが、最終的にインターネットビジネスに取り組むことを決めました。

なぜなら、パソコンやスマホでできるためスキマ時間にいつでも取り組めて、かつ個人で稼ぐスキルも身につくからです。

僕の中で、今回お伝えさせていただいた「3つの選ぶ基準」の全てを満たしていました。

インターネットビジネス取り組んだ結果、半年で脱サラ、1年後に月商218万円を達成することができました。

この記事をきっかけに、ぜひあなたにあったサイドビジネスが見つかれば幸いです。