「サラリーマンしか生きる道がない…」と絶望しているあなたへ

こんにちは、佐山です。

今回の記事は、サラリーマンしか生きる道がない…と絶望しているあなたへ、ちょっとした打開策について話していこうと思います。

で、結論を言うと、
サラリーマン以外にも生きる道はあるから、もしサラリーマンという生き方が嫌だと思っている人はぜひ知ってください
ということです。

この記事をきっかけに、「あ、サラリーマン以外にも自分が生きる道ってあったんだ」と、少しでもあなたの人生が良くなる気づきを提供できればいいなという想いで書いていきますので、読んでみてくださいね。

サラリーマンを卒業した先の世界

「サラリーマンしか生きる道がない…」と思っている状態って辛いですよね。

人生に何の面白味も感じられないというか、「あれ、俺って何のために生きるんだろう…?」と思ってしまうこともしばしばだと思います。

ただ生活費を稼ぐためだけに会社に行って働いて、体を酷使して…、なんていう生活、本当にきついですよね。

何を隠そう、僕も元々はそういった類のサラリーマンでした。

サラリーマン時代はカーディーラー営業をやっていたのですが、まぁ売れなかった。
何せコミュ障なもので。笑

1年間で7台しか売れなかった年もありましたし(会社でビリから2番目w)、まぁ毎日上司から詰められていましたね。

極め付けは、接客が嫌いすぎて、そのストレスで左半身が麻痺し、ショールームでぶっ倒れて緊急搬送されたことも…。笑

まぁ、中々の生き地獄を味わっていました。

そんなところから、現在の僕はというと、
サラリーマンを辞めて、脱サラ起業し、パソコン1台でカチャカチャ仕事をしている自由なライフスタイルを送っています。

ほぼ全ての仕事をパソコン1台で完結できるので、いつでもどこでも仕事をすることができます。

基本は、朝起きて適当にスタバに行ったり、コワーキングスペースに行って、美味しいコーヒーを飲みながらパソコンをカチャカチャしてみたり、

平日真昼間から起業家仲間と1泊2日のゴルフ旅行に行ってみたり、

週5でマッチングアプリで女の子とデートに行ったり。笑

他にも、

  • レベルアップのためだけに、わざわざ地元の栃木から東京へ引っ越した
  • 24時間365日自分の好きな時間に充てられる
  • ビジネスを始めるまで被害者意識人間だったが、人生は自分次第でいくらでもコントロールできることに気づき、自信がつく
  • プライド高すぎ人間だったが、世界の広さを知り素直になった
  • 毎朝スマホのアラームをOFFにして渋々出勤する毎日から、自分の好きな時間に起きられるように
  • 家で仕事ができるので、職場まで毎日往復1時間かけて通う必要もなくなった
  • 職場での無駄な人間関係のストレスを抱えることがなくなった
  • ビジネスの収入は自分の頑張り次第でいくらでも増やせるので、どれだけ頑張っても給料に反映されない悔しさを味わうこともなくなった
  • 今は月収100万円は切らないです
  • 会社員時代は仕事が暇すぎてクソつまらなかったが、今はやりがいしかなく仕事が超楽しい
  • 残業という概念が消え去り、超快適になる
  • パソコン1台で仕事ができるので、場所を選ばず仕事ができる
  • 基本カフェやファミレス、たまに公園でパソコンをカチャカチャしながら仕事する

などなど。

サラリーマン時代と比べるとかなり自由度も上がりましたし、人生も本当に楽しくなりました。

脱サラして本当に良かったと思っています。

ただ、多くのサラリーマンは「どうせ俺はサラリーマンとして一生を終えるしかないんだ。脱サラ?どうせ俺には関係のない世界だし、興味ないわ。」と思っているのが本音でしょう。

それってもったいないなと思っています。

僕も昔はサラリーマンしか生きる道がないと思っていた

とはいえ、僕も昔は「俺はサラリーマンとして一生を終えるんだろうな〜」と信じて疑っていませんでした。

当たり前です、栃木のど田舎でサラリーマンをやっていたのですから。笑

そんな起業とか、サラリーマンを辞めて自分で自由に稼げる世界があるなんて、知る由もありませんでした。

仕事はマジで死ぬほど辛かったし、給料が安いので生活費が月に4万円だったし、人生がマジでつまらなかったのですが、それが普通だと思い込み、変化を起こすという発想そのものがありませんでした。

今思えば本当に恐ろしいなと思いますね…。

まぁ当然サラリーマンで楽しんでいらっしゃるのであれば全然問題ないですけどね。

何でかっていうと、脱サラ起業したら全員が全員幸せになれるとは限らないからです。

人には向き不向きがありますからね。

僕の場合、マジでコミュ障というか、人と関わるのがすごく苦手だったので、会社という組織で働くのに全く向いていなかっただけです。

ただ、僕が悲観しているのは、僕と同じように、サラリーマンに向いていないにも関わらず、嫌々サラリーマンを続けて地獄の生活を続けている方が多すぎるということ。

で、そういった状況に陥っている原因はたった一つ。

サラリーマン以外の生き方を知らないから。

そう、知らないだけなんです。

サラリーマン以外の生き方を知らないから、サラリーマンで一生を終えるしかないと嘆いている
という、至極単純な話なんですよね。

じゃあどうすればいいのか?

サラリーマン以外の生き方を知ろうぜ?
という、これまた単純な話ですね。

人生は一瞬で変わる

人生は一瞬で変わる。
僕が好きな言葉の一つです。

人生なんて一瞬で変わるんですよね。

じゃあどうやったら変わるのか?

自分の知らない世界を知った時です。

僕の場合、「インターネットビジネス」という存在を知った時でしたね。

もちろん最初は怪しさ満点ですよ。
「インターネットビジネス?絶対怪しいやん」と。笑

でも、ちょっとした興味本位で調べてみたんです。

そしたら、まぁすごいこと。

「サラリーマンが副業で年収1億円!」とか「月収100万円を達成して脱サラ!」とか、そういう世界を知ったんですよね。

もう、価値観崩壊です。笑

で、この時確信しました。

「俺、これで人生変えたるわ」と。

この時点で僕の中にパラダイムが起こり、人生が変わったんですよね。

なぜなら、僕が生きるべき方向性がガッツリ方向転換したからです。

元の僕:一生サラリーマンで生きていくしかない…

価値観崩壊後の僕:インターネットビジネスで月収100万稼いで、脱サラして、いい感じの人生にするぜ!

 

全然生き方が変わったじゃないですか。

なんていうか、人生のシナリオが一瞬で書き換えられましたよね。

シミュレーションゲームで言うと、
選択Aを選んだ後に、選択Bか選択Cのどちらかを選ぶシナリオになっていて、どっちを選ぶかでその後のシナリオが完全に書き変わるじゃないですか。

選択Bが一生サラリーマン、選択Cがインターネットビジネスに挑戦して人生変える、だとしたら、
僕は選択Cを選んだから、選択Bのシナリオと全く違うシナリオを体験している、という感じになります。

人間は情報一つでこんなにも変わることができるんですよね。

だから、自分の知らない世界を知るっていうのはめちゃめちゃ大事なんです。

特に「サラリーマンしか生きる道がない…」という、価値観が凝り固まっている人こそ、新しい世界を知るべきかなと思ってます。

それは僕自身が体験してきましたし、僕の周りの起業家さん、僕のコンサル生など、色々な人を見てきた上で言えることです。

だから僕はこの「脱サラ研究所」を通して、サラリーマンという世界でくすぶり、苦しんでいる人を1人でも減らしていけたらいいなと。

そういった想いでこのブログを運営しています。

まぁ、とりあえず今回の記事では、「あ、そんな世界もあるんやね」くらいの感覚を持って欲しいなと思います。

ちなみに僕がサラリーマンから、現在に至るまでのより詳しいストーリーは別の記事で書いているのんで、良かったらそちらも読んでみてください。

「手取り15万円サラリーマン」が脱サラ起業して「年商1億円経営者」になったストーリー

2021.02.27

この記事一つで、人生が変わる人が1人でも現れてくれたら、これほど嬉しいことはありません。