【保存版】脱サラの手段としてプログラミングはアリ?他の選択肢とのメリットデメリットを比較してみた

「脱サラしたくて色々調べてるけど、ぶっちゃけプログラミングってどうなんだろう?!」
と思っているのではないでしょうか?

プログラミングはパソコン1台で取り組めますし、脱サラした後、ノマドワーカーを目指して学ばれている方も多いです。
カフェでコーヒーを飲みながらパソコンをカタカタしながら仕事をする、憧れますよね!

ただそれと同時に、果たして脱サラの手段としてプログラミングは適しているのか?気になるかと。

ということで今回の記事では、果たして脱サラするのにプログラミングが向いているのか?他の選択肢と比べたメリットとデメリットについて徹底解説していきます!

それではまず最初に、プログラミングで脱サラはアリなのか?解説していきます!

プログラミングで「脱サラ」はアリ?

果たして脱サラにプログラミングはアリなのか?

結論は、アリです。

プログラマーの需要は増え続ける一方ですし、今後WEBは衰退していくどころかドンドン進化していきますので、長期的に稼いでいける職業だからです。

佐山
佐山
実際にプログラミングで脱サラし、フリーのプログラマーとして活躍されている方も多くいらっいますし、今ではプログラミングスクールなど、フリーのプログラマーとして食べていける環境も整っていますよね!

脱サラの目的は、「サラリーマンを辞めること」ではなく、「会社に依存せず個人で稼いでいくこと」。

それを踏まえると、脱サラする上で非常に有効な手段だと言えるでしょう。

ちなみに脱サラについてより詳しく学びたい方は下記の記事もご覧ください。

【借金800万で脱サラした僕が語る】脱サラに必要な貯金額と簡単に脱サラ出来る3ステップ!

2020.10.10

【保存版】サラリーマンと独立起業どっちが生き残るか?徹底比較してみた!

2020.12.04

【完全版】サラリーマンが独立するメリット10選!独立する勇気がない人はみてください。

2020.12.17

次の章では、そんなプログラマーはどんな感じで仕事をしているのか?解説してきます!

フリーランスのプログラマーの仕事内容

プログラミングで脱サラするということは、フリーランスのプログラマーとして活動するということ。

では、フリーランスのプログラマーの仕事内容は一体どんなものなのか?

フリーランスなので当然、企業との雇用関係を持たない仕事のスタイルが基本です。
自分が持っているスキルを提供することで、お金を得ることが出来ます。

仕事の受け方に関しては、自分の人脈で仕事を取ってきたり、もしくはネット上の案件サイトなどから案件を受注する、と言った形です。
ただネット上の案件に関しては、「企業で常駐して働く」という案件が多くを占めています。

佐山
佐山
僕自身、脱サラ起業してパソコン1台で稼いでいますが、どこでも仕事が出来ますし、時間の制限もないので、非常に快適に仕事が出来ていますし、それがフリーランスの1番の旨味ですよね!

ですが、フリーランスになっても企業で常駐となると、話が変わってきます。笑
もしノマドを目指されている方はリモートで働ける工夫をするのが必須です。

次の章では、プログラミングで脱サラするメリットについて解説していきます!

プログラミングで脱サラする3つのメリット

では、プログラミングで脱サラするとどんなメリットがもたらされるのか?
解説していきたいと思います!

【プログラミングで脱サラする3つのメリット

 ①パソコン1台でどこでも仕事ができる

 ②仕事の需要がどんどん増えている

 ③稼ぐスキルが身につく

①パソコン1台でどこでも仕事ができる

まず最初のメリットとして「パソコン1台で仕事ができる」ということです。

仕事のスタイルにもよりますが、リモートで案件を受注するなど、場所を選ばない工夫をすればどこでもパソコン1台で仕事が出来てしまいます。

「スタバでパソコンをカチャカチャして仕事をする」憧れますよね!笑

佐山
佐山
僕もプログラマーではないですが、パソコン1台で仕事をしています。サラリーマン時代は仕事場に行って仕事をするのが本当に嫌だったので、今はめちゃめちゃ快適です。笑

プログラミングで脱サラしたいということは「ノマド生活」を目指されている方も多いと思いますので、パソコンで1台で仕事ができるというのは必須の条件ですね。

②仕事の需要がどんどん増えている

コロナショック後の現在において、WEBの需要は急速に高まってます。
それと同時にプログラミングの需要もドンドン増えており、プログラマーも様々な企業から引っ張りだこ。

WEBサイトやWEB上のシステム開発をしていない企業も多く、まだまだこれからという分野ですので、脱サラして食べていくのには非常に向いていると言えますね。

③稼ぐスキルが身につく

プログラミングで稼ぐには、WEB上での案件をこなしていくのもありですが、一番良いのはやはり企業と直接交渉し、自分で仕事を取ってくること。

WEB上の案件だと、企業に常駐しないといけなかったり、満足のいく収入を得られないこともあるので、自分で労働環境を整える意味でも、そういった活動は必須です。

そのためにはマーケティングやセールスのスキルが必要。
プログラミングを学ぶと同時にそういった分野も勉強する必要があります。

ビジネスのスキルを身につけているプログラマーとと、ただ単純にプログラミングのスキルだけを高めているプログラマーを見比べてみると、収入には雲泥の差があります。(1000万以上の差が生まれることも。)

ただ、一度そう言った本質的なビジネスのスキルを身につけることができれば、プログラミングでなくとも食べていくことが出来ます。

なぜなら、言ってしまえばあなた自身の「プログラミングのスキル」が自社用品だから。
それを企業に販売しているだけのことだからです。

商品は何もプログラミングのスキルだけではありませんよね。

実際にビジネスYouTuberのマナブさんも、昔はプログラマーをやっていましたが、現在では自社商品を販売しています。
それも、プログラミングと同時にマーケティングやセールスのスキルを高めていたからです。

そういったビジネススキルを同時に高める必要のあるプログラミングを真剣に学ぶことで、
一生涯自分でお金を生み出せるスキルが同時に身につくということです。

ただ、こういったメリットと同時に、プログラマーとして脱サラするデメリットも存在します。
次の章で解説していきますね。

プログラミングでの脱サラに伴う3つのデメリット

では逆に、プログラミングで脱サラすることで伴うデメリットはどう言ったものがあるのか?

やはりデメリットも同時に見ることで、より脱サラの成功率も上がると思いますので、解説していきたいと思います!

【プログラミングで脱サラすることで伴う3つのデメリット

 ①脱サラするまでに時間がかかる

 ②営業スキルが必須

 ③労働収入である

①脱サラするまでに時間がかかる

単純にプログラミングは稼げるまでに掛かる時間が非常に長いです。
なぜなら、勉強する必要があるから。

プログラミングを学ぶ場合、多くはプログラミングスクールに通ったり、本を買って独学で勉強すると思います。
そうなると、案件を受注できるようになるまで、最低でも半年は掛かるでしょう。
しかも最初の案件は低単価でしか受けることができず、即脱サラというのも難しいです。

それに対して、他のパソコン1台でできるWEB系のビジネス(アフィリエイト、FXなど)は1ヶ月もあればお金を稼ぐことが出来ます。

佐山
佐山
実際、僕のコンサル生の女子高生にアフィリエイトを実践してもらったところ、たった1ヶ月で5万円を稼ぎましたね!

初月から5万円以上稼げるTwitterアフィリエイトのマニュアル無料プレゼント受け取りはコチラ

もちろん、プログラミングを学ぶことで長期的に稼げる武器にはなりますが、そこまでプログラミングにこだわりがなく「早く脱サラしたい!」と考えている方には向いていないでしょう。

プログラミングは他のビジネスと比べて稼げるまでの期間がかかることは覚悟しておいた方が良いです。

②営業スキルが必須

先ほどもお話ししましたが、フリーのプログラマーとして本格的にやっていくためには、自分で仕事を取ってくる必要があります。
そうなると、少なからず営業スキルが必要。
コミュニケーションが苦手な方には厳しいですよね。

もちろん、ネット上に転がっている案件をこなしていくのもありですが、脱サラして大きく稼いでいくためには自分で企業と収入面だったり、労働環境の商談を行う必要があります。

年収300万程度であれば案件だけでもいけるかもしれませんが、それでは脱サラする意味はないのではないでしょうか?

それ以上に稼いでいくためには営業のスキルが必須だということは頭に入れておいた方がいいでしょう。

③労働収入である

プログラミングは、基本的に自分で仕事を行う職業です。
つまり、自分が労働しなければ収入がストップしてしまうということですね。

サラリーマンももちろんそうなのですが、サラリーマンは有給や社会保障など、多少の保険は存在します。
しかし脱サラしてフリーになった瞬間にその後ろ盾は消滅。
自分が働けなくなった瞬間に生活ができなくなってしまいます。

佐山
佐山
実際に、プログラマーではありませんが、脱サラして飲食店をやっていた方で、急に病気で倒れ、その後収入が一切なくなり露頭に迷ったという話も聞きます…。怖いですよね。

逆にアフィリエイトやFX、投資系など、不労所得を構築できるビジネスモデルであれば、そういったリスクも軽減することが出来ます。

僕もアフィリエイトに取り組んでおり、具合が悪くて仕事ができなかった日でも、売り上げが上がることもザラにあります。

【完全版】アフィリエイトで脱サラは余裕!半年で脱サラできる“究極の方法”を伝授!

2020.09.13

プログラマーとしてやっていく以上、労働収入であることを理解し、対策していくことが重要です。

まとめ:ネットで稼ぎたいならプログラミング以外の選択肢も考えよう

以上、脱サラにプログラミングはありなのか?メリット、デメリット両側面から解説させていただきました!
あなたはフリーのプログラマーとしてやっていけそうかどうか、ご理解いただけたと思います。

プログラマーはパソコン1台で仕事ができますし、どんな場所でも取り組むことが出来ます!
WEB上で仕事をすることで様々なメリットももたらされますし、最高ですよね!

ただ、ネットを使ってパソコン1台で稼ぎたい!という目的であれば、何もプログラミングだけではありません。
他にも選択肢はたくさんありますので、ぜひ下記の記事を参考にし、その上で考えてみてはいかがでしょうか?

【保存版】脱サラできる4つの選択肢と正しい選択肢を選ぶ4つのコツ!

2020.11.30

【本気で独立起業したい方へ】絶対にすべき独立起業の準備4選とアイデア10選!

2020.12.24