【保存版】脱サラして快適な田舎暮らし!おすすめの仕事5選を紹介します!

「脱サラして田舎でのびのびと暮らしたい!でも田舎ってちゃんと仕事あるのかな?」
そう思っているのではないでしょうか?

都会から田舎で悠々自適な暮らし、憧れますよね!

ただ、世間のイメージ的は「田舎って雇用ないんじゃないのかな」という風潮もありますし、本当に移住できるのか疑問に思うでしょう。

そこで今回は、実際に栃木の田舎で脱サラ起業した僕が、田舎で楽しい暮らしができるおすすめの仕事を紹介していきます!

佐山
佐山
田舎で悠々自適な暮らしに憧れている方は、ぜひ最後までご覧ください!

それではまず最初に、田舎での仕事を選ぶために必要な基準について解説していきます!

田舎での仕事を選ぶための2つの基準

田舎での仕事を選ぶための基準は以下の2つです!

【田舎での仕事を選ぶための2つの基準

 ①生活費

 ②ライフスタイル

①生活費

まずはどれくらいの生活費がかかるか?
これが大事な基準になってきます。

生活費を明確にすることによって、必要な収入額を逆算できるからですね。

例えば、一人暮らしで生活費が10万円でいいのであれば、ちょっと働いて悠々自適に過ごせますし
家族4人で生活費が30万円必要であれば、本業が20万、副業で10万を稼ごう、という形になるでしょう。

ちなみに田舎と都会では生活費の項目が若干変わってくるので、その辺の確認も大事です。

佐山
佐山
例えば、車が必要だったりします。
田舎はマジで車ないと生きていけませんからね。笑
逆に家賃はアホみたいに安くなりますけど!

そういったところまで確認し、生活費を洗い出していきましょう!

②ライフスタイル

どういったライフスタイルを送りたいのか?といったところを明確にするのも大事です。

それによって取り組んだ方がいい仕事の種類が変わってくるから。

例えば、家族の時間を増やして悠々自適に暮らしたいのであれば、ガッツリ働く仕事ではなく、在宅ワークや労働時間の少ない仕事がおすすめです。

逆に「地域に貢献したい」「ガッツリ働きたい」という方は、地域貢献活動だったり、起業したりなど、理想とするライフスタイルによって仕事が変わってきます。

佐山
佐山
ちなみに僕は1人が好きですし、在宅でゆったり仕事がしたかったのでIT業に取り組むことにしました!

まずはあなたがどういったライフスタイルを送りたいのか?
しっかり明確にしておきましょう!

次の章では、実際に田舎でどういった仕事がおすすめなのか?
ライフスタイル別に紹介してきます!

【ライフスタイル別】田舎でおすすめの仕事のアイデア5選

ライフスタイル別のおすすめの仕事は以下の通りです!

ライフスタイル おすすめの仕事 概要
普通 ①一般企業に就職 地方の一般企業に就職する。
ガッツリ働く ②農業 自分で農業経営を行う。
③飲食店経営 カフェやレストランなど、飲食店を経営する。
悠々自適 ④フリーランス 仕事を個人単位で受注するスタイル。リモートが中心。
⑤インターネット起業 インターネット上にビジネスを立ち上げる。

①一般企業に就職

まず、一般企業に就職する。これが王道ですね。
地方の企業も選ばなければかなりの数があります。

佐山
佐山
僕の地元の栃木でもかなりの求人がありましたし、1年に1回転職している友達もいましたw

それくらい雇用も不足しているので、一般企業に就職するのはそれほど難しくないでしょう。

ただライフスタイル的には、移住したからといってそれほど変わるわけではないので、そこは目的によってどうするべきか、考えてみてください。

②農業

2つ目に農業を経営するという手段です。
農業がやりたくて田舎にきた、という方はめちゃめちゃ多いですね。

佐山
佐山
僕が栃木でサラリーマンをしていた時のお客さんでも、やはり東京や神奈川から移住されてきた方が多く、みなさん農業をやっていました。

今は農家の後継者も少なくなってきており、格安、または普通に畑や田んぼを譲ってくれる取り組みをしている自治体もあります。

そういったところを探してみるのもいいでしょう!

ライフスタイル的にも、昼間にガッツリ仕事をして、午後は休憩、みたいな形になると思うので、家族団欒を楽しみたい方にはおすすめですね。

ちなみに農業に興味のある方は、こちらのサイトで農業の就職、経営の継承などを検索することができますので、チェックしてみてください。

農家をはじめる.JP

③飲食店の経営

田舎で飲食店を営んでいる方も非常に多いですね。

佐山
佐山
僕の栃木時代のお客さんでも、神奈川からお引っ越しされてきて、非常に美味しいパン屋さんを営んでいる方がいました!

他にもカフェ経営、レストラン経営など、観光客向けのお店を営んでいる方も多いですね。

僕の地元の那須の方ではカフェが非常に有名なので、個人でカフェをやっている方もいました。

ただ、お店を経営するとなると、仕事に費やす時間が長くなるでしょう。
悠々自適に暮らしたい方にとってはあまりいい選択肢ではないかもしれないですね。

④フリーランス

フリーランスとは、企業や団体など、特定の組織に雇われることなく、案件を受けて働くスタイルです。
要は、会社に属さず、自由に働いている方は全員「フリーランス」というわけですね。

最近ではフリーランスになって地方移住する人はめちゃめちゃ多いですし、Twitter上でもよく見かけます。

佐山
佐山
仕事をする時間も自分でコントロールできるので、悠々自適に暮らしたい方には非常におすすめです!

ちなみにフリーランスに関して、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

【フリーランスになりたい方必見!】おすすめの職種6選と最初にやるべきことを徹底解説!

2020.09.18

⑤インターネット起業

最後にインターネット起業です。
僕自身、現在はインターネット上にビジネスを構築し、取り組んでいます。

で、このインターネットビジネスは田舎で悠々自適に暮らしたい方に非常におすすめです。
なぜなら、仕事の時間帯と場所を自由に決められるから。

例えば、お子さんがいる方は午前中にパパッと仕事を終わらせて午後は子供と遊ぶ、釣り好きな方は朝から夕方まで釣りをして、夜チャチャっと仕事をする、みたいなライフスタイルを送ることもできます。

佐山
佐山
僕自身、今は東京に住んでいますが、昼間にキックボクシングやゴルフをやっても夜に仕事をすればいいので、非常に自由が効きます!
最高のライフスタイルを確率することができますよ!

ちなみにインターネット起業について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【ネットビジネスでの脱サラが不安な方へ】絶対に失敗しない!確実に脱サラ出来る3つのステップ!

2020.10.10

次の章では、都会から田舎に移住する際に気をつけるべきポイントについて解説します!

都会から田舎に移住する際に気をつけるべき2つのポイント

都会から田舎に移住する際に気をつけるべきポイントは以下の2つです!

【都会から田舎に移住する際に気をつけるべき2つのポイント

 ①車を所有する必要がある

 ②脱サラの準備をしておく

①車を所有する必要がある

先ほども話しましたが、田舎では車が必要な場合が多いです。
というか、ほぼ必須ですね。笑

で、車を所有するのに維持費がかかってくるので、その辺の計算も移住する前にしておく必要があります。

佐山
佐山
ただ、都会から引っ越するとすれば、正直家賃がめちゃめちゃ安くなるので、トントンくらいにはなるのではないかと思います。

念の為、車が必要かどうか確認し、維持費の計算までしておくことをおすすめします。

②しっかり準備をしておく

移住をする上で、準備をしておくことは非常に大事です。
なぜなら、準備不足で移住すると失敗するリスクがあるからです。

例えば、先ほど上げた車に関しても、移住前に購入手続きをしておかないと、めちゃめちゃ困ります。笑
金銭面に関しても、ある程度貯蓄をしておいたり、副業で副収入をつくっておかないと、仮に仕事が見つからなかったり、自営業の調子が悪かった時などに対応できなくなってしまいます。

だからこそ、しっかり準備をしておくことをおすすめします。

まとめ:まずは副業を初めて準備をしておこう

以上、脱サラして田舎暮らしができるおすすめの仕事について解説しました!

まとめると、田舎に移住する仕事を探すためには、まず生活費、理想のライフスタイルを明確にする必要がある。
それによって就職や自営、フリーランスなど、選ぶべき仕事が変わってくる、という話でした。

正しい知識を持っていれば田舎への移住はそれほど難しくないことがわかったのではないでしょうか。

ただ、そのためにもしっかりとした準備をしておく必要があり、その中でももっともおすすめの準備が「副業」です。

副業である程度稼いでおけば、移住先で何かしらのトラブルがあっても対処することができます。
副収入源の確保をしておくのは非常におすすめです。

【仕事が辛いなら副業で稼げ!】元ブラック企業サラリーマンの僕が語る副業5つのメリット!

2020.12.25