【完全版】脱サラ起業を成功させる3ステップ!脱サラ起業に成功した僕がおすすめのビジネスランキングと共に解説!

・仕事を頑張っても報われないし、もっと幸せな人生を送るために脱サラ起業したい!

・失敗だけは絶対したくない…脱サラ起業を成功させる方法を知りたい!

・脱サラ起業におすすめのビジネスってどんなものがあるんだろう?

 

このような悩みを抱えているのでは無いでしょうか?

脱サラ起業に成功すれば、会社に縛られない自由な生活や、ご家族と楽しい時間をたくさん過ごせる生活を手に入れることができます!

あなたもぜひ手に入れたいですよね!

ただ、一番気になるところといえば「どうすれば失敗せずに脱サラ起業ができるか?」というところだと思います。

あなたにお嫁さん、旦那さん、お子さんがいらっしゃるとすれば、尚更失敗なんてできませんよね…。

そこで今回の記事では、今まで多くのサラリーマンの脱サラ起業をサポートし、たくさんの成功事例と失敗事例を見てきた僕が、脱サラに失敗しないために必ず辿るべき道筋や、選ぶべきビジネスモデル、脱サラするまでに絶対に備えるべき準備について徹底解説していきます!

この記事1本で、あなたの脱サラ起業に関する悩みは全て解消できるでしょう。

正しい知識を得て、正しい戦略で行っていけば、脱サラ起業はそう難しいことではありません。

あなたも絶対に脱サラ起業を成功させて、最高に幸せな人生を手に入れていきましょう!

それでは早速、「脱サラ起業を成功させる方法」を、超シンプルな3ステップで解説してきます!

脱サラ起業を成功させる3ステップ【全体像】

まず脱サラ起業を成功させる上で、具体的なビジネス選びよりも、準備よりも大事なのが、「全体像を把握すること」です。

なぜなら、全体像を把握しなければ、今自分がどの位置にいるのかがわからなくなってしまい、ほぼ100%失敗してしまうからです。

旅行をする時、出発地点から目的地までの全体像、つまり「道筋(地図)」を確認してから向かいますよね?

それと全く同じで、「脱サラ起業」を必ず成功させるためにも、まずは自分が今どの地点にいるのか?そして、目的地(ゴール)はどこなのか?という「全体像」を把握する必要があります。

 

佐山
佐山
全体像を把握しないままスタートしたとしても、100%道に迷う、つまり、失敗してしまうということです…。

そうなると、お子さんやご家族の方を露頭に迷わせてしまったり、脱サラしたはいいもの、常に不安に駆られる生活を送るハメにもなりかねません。

それだけは絶対に避けたいですよね。

そして、今回僕が紹介する「脱サラ起業を成功させる3ステップ」は、今まで100人以上のサラリーマンの脱サラ起業をサポートしてきた結果に導かれたもの。

つまり、あなたも、ここで解説する3ステップをそのままそっくり実践することで、脱サラ起業に失敗する確率がグンと下がり、確実に成功に向かうことができます。

ぜひしっかり落とし込んでいただければと思います。

脱サラ起業を成功させるステップは以下の3ステップになります!

《脱サラ起業を成功させる3ステップ》

①脱サラする「目的」を決める

②「目的」から逆算した手段を選ぶ

③副業としてビジネスをやりながら知識とスキルを身につける

①脱サラする目的を決める

まず脱サラ起業を成功させる上で必須となるのが「脱サラする目的」を決めること。

これが本当に大事です。

なぜなら、
脱サラ起業に向けて「よっしゃやるぜ!」と気合を入れて行動をしたとしても、どんなに良い情報やノウハウを手に入れたとしても、継続”ができず、100%失敗してしまうからです。

「おいおい、具体的なビジネスのやり方を教えてくれよ!」と思うかもしれませんが、何の目的も決めずに行動に走ったところで、間違いなく失敗します。

何かを成し遂げる時には、必ず「ゴール」が必要なんです。

それによって辿るべき道筋が異なってくるからです。

例えば、「プロ野球選手になりたい!」というゴールを掲げたとしたら、間違いなく「甲子園常連の高校」に進学すると思います。

逆に、「とりあえず野球を楽しめればいいやー」というゴールだとすれば、「普通の公立高校」でも十分ですよね。

このように、ゴールを決めなければ、自分が今何をやるべきかがわからなくなってしまうのです。

例えば、あなたが「家族との時間をもっと増やしたい!」ということであれば、自動収入を作れるビジネスに取り組むべきですし、

「世の中に良い教育を広めたい!」というビジョンを掲げたのであれば、学習塾を経営するための行動に移す、と言ったことがわかりますよね。

逆に、何の目的を決めずに行動したとしても
「まぁ、最悪脱サラとかしなくても生きていけるし、今日くらいやらなくていいか…」
みたいな感じになり、1000%挫折する未来が目に見えてます。笑

佐山
佐山
「脱サラ起業をする目的を決めない」ということは「脱サラ起業をしない」と言っているのと同じなんです。

あなたが起業を進めていく上で、「起業なんて辞めたほうがいいよ」とブロックをかけてくる人も出てくるでしょう。

そうなった時にでもブレない「目的」が必要です。

ビジネスだけではありませんが、何事も「目的」から逆して初めて成果が出るもの。

でなければ、脱サラ起業は100%成功することはありません。

あなたも、まず最初に、
「なぜ自分は脱サラ起業したいのか?」
早速、紙とペンを用意して書き出してみましょう!

「目的」から逆算した手段を選ぶ

目的が決まったら、次は目的から逆算した手段を選びましょう。

《僕の例》

僕は上で書いた通り、大きな目標として「脱サラして台湾移住をする」という目標を設定していました。

そうなると必然的に「場所を選ばない働き方」ができるビジネスで起業する必要がありますよね。

僕はそこから逆算して「自動収入化ができるビジネスを極める」という手段、つまりインターネット起業の道を選んだというわけです。

 

これはどんな目的でも同じです。

例えば「自分の受験ノウハウを広めて日本の教育を変えたい!」という目的の手段は「学習塾の経営」になると思います。

そうやって手段が明確になると・・・

「学習塾だったら最初はフランチャイズかな?いやー、でもやっぱり自分の指導法は捨てきれないし、自分で開業したいな!そうなると開業資金が必要だな。まずは融資の勉強をしつつ、副業で経営のスキルも身につけながら軍資金を貯めようかな?」

 

といった具体的な行動まで導き出すことができ、後は成功するまで行動するのみ。

佐山
佐山
このようにゴール(目的)を設定することで初めて取るべき手段や、まず取るべき行動が明確になっていき、確実に脱サラ起業を成功させることができます!

これに関しては、後ほど目的別に脱サラ起業におすすめのビジネスを紹介していきますので、そちらをご覧ください!

③副業としてビジネスをやりながら知識とスキルを身につける

そして最後のステップとして、実際にビジネスを始めるフェーズに入っていきます。

脱サラ起業を成功させる上で最重要ポイントは、リスクを抑えた方法でビジネスを立ち上げること

理由はシンプルで、成功したければ「失敗しない戦略」を採用すればいいからです。

それが「まずは副業として起業を進める」ということですね。

給料をもらいながら、同時に起業の準備を進める。
まぁシンプルにリスクが無いですよね。笑

僕自身も元々副業で「アフィリエイト」に取り組み、スキルを身につけつつ、ある程度収入源を作れたことで安心して脱サラし、その延長で今はIT系の企業を経営しています。

そして僕の生徒さんも、周りの経営者さんも、失敗するリスクを考慮して副業から初められた方は、皆さんしっかり地に足がついた起業家ライフを送れています。

世間一般的には「脱サラ起業とかマジでリスク高い」とか「脱サラ起業をするには死ぬ覚悟を持ってやらないとダメだ!」みたいな風潮がありますが、僕から言わせると「何を言ってるんだ?」って感じです。笑

しかも副業でしっかりビジネスのスキルも身につけながら、経営に関するマネジメントや資金繰り、経理についてなど、知識を学ぶことで着実に準備が整います。

もしあなたが脱サラ起業を成功させたいのであれば、必ず副業からビジネスを立ち上げてください。

わざわざリスクに飛び込むことはありません。
着実に進めていきましょう!

以上、脱サラ起業を成功させる3ステップの解説でした。

①脱サラする「目的」を決める

②「目的」から逆算した手段を選ぶ

③副業としてビジネスをやりながら知識とスキルを身につける

 

この3ステップがあなたが安全に、そして確実に脱サラ起業を成功させていくための全体像になります!

まずは、あなたが脱サラ起業するための「目的」と「手段」を決めましょう!

そのためには、まず色々な起業の手段を知り、その中から取捨選択をしていくことが最も効果的です。

そこで次の章で、脱サラ起業におすすめのビジネスを6つのジャンルに分けてご紹介していきます!
ぜひあなたに合ったビジネスを見つけてみてください!

脱サラ起業におすすめのビジネスジャンル6選

まず、ビジネスを選ぶ上で大事なのは「自分にあったビジネス」を選ぶということ。

あなたの目標や現状、得意なこと、環境、ビジョンによって選ぶべきビジネスモデルは変わってくるからです。

ぜひ何度も見返していただき、あなたに合ったビジネスを選んでみてくださいね。

《脱サラ起業におすすめのビジネスジャンル6選》

①本業の延長で起業

②フランチャイズ

③アイデア勝負のビジネス

④WEB系のビジネス

⑤WEB制作系のビジネス

⑥投資家として脱サラ

①本業の延長で起業

もしあなたがこれまで会社で蓄積したきたノウハウを活用できるのであれば、本業の延長で起業するのことも一つの選択肢になるのではないでしょうか?

自分の強みも活かしやすいですよね。

ただ昔の僕のように、本業の仕事のジャンル自体が嫌いで「脱サラしたい!」ということであれば、他の手段を選んだ方がいいと思います。

恐らく長続きしないので。笑

佐山
佐山
僕は元々営業をやっていましたが、ストレスで左半身が麻痺する拒否反応を起こすくらい苦手だったので、全然違うジャンルのビジネスを選びました。笑
こんな人に
おすすめ
本業の仕事のジャンルが好きな人
資金の目安 ???(業種による)
月収の目安 ???(業種による)
難易度 ???(業種による)
メリット 今まで蓄積してきたスキルを活かせるので成功しやすい
デメリット 本当に好きなことではなかった時に後悔する

②フランチャイズ

フランチャイズは、すでに上手くいっている企業の看板(ネームバリュー)を借りれたり、ある程度の出資をしてくれるということもあり、最初の起業の選択肢としてよく挙げられます。

フランチャイズでの起業例

・コンビニ(セブン、ファミマなど)

・カフェ(コメダなど)

・ハウスクリーニング

・買取屋

・介護士施設

・美容サロン

 

あなたがやりたい事業で、すでに上手くいっている企業があれば、その企業にフランチャイズ加盟して起業する手段もありますね。

ただ、開業資金が数百万レベルでかかったり、毎月大元の企業に報酬を支払う必要があったり、正直最初の起業としてはかなりリスクは高めです。

ここまでリスクを取らなくても起業できる方法はあるので、ここまでリスクを取りたくない方は他の選択肢も視野に入れるといいでしょう。

こんな人に
おすすめ
自分がやりたい事業で上手くいっているフランチャイズ展開している企業がある方
資金の目安 0〜1000万円
月収の目安 30〜60万円
難易度 かなり難しい
メリット 有名ブランドの看板を借りられるため信用が得やすい
デメリット 開業資金が高く、毎月大元の企業に報酬を支払う必要がある

③アイデア勝負のビジネス

実は、型に当てはめずに、アイデア次第で成功しやすいビジネスモデルはたくさんあります。

おもしろい起業のアイデア例

・マッチング事業

・社長専用の便利屋

・海外で流行っている飲食店の経営

・倉庫を借りて、法人向けにレンタルサービスを展開

・古民家を改築して民泊にする

 

などなど、挙げればきりがありませんが、本当に色々な選択肢が思い浮かびますね!

もし何かあなたの中にアイデアがあって、世の中の需要とマッチしているのであれば、アイデア勝負に出るのも面白いですね!

ただ、「失敗はしたくない…」という方に関しては、すでにうまくいっているビジネスモデルを参考に立ち上げた方が安全です。

佐山
佐山
僕も失敗するのが怖いので、真似しかしてません。笑
それでも年商1億は達成できたので、「真似=成功の秘訣」と言えます!
こんな人に
おすすめ
起業のアイデアがたくさん思い浮かぶ創造性豊かな人
資金の目安 ???(業種による)
月収の目安 ???(業種による)
難易度 前例が無いのでかなり難しい(成功の保証はない)
メリット 自分のサービスが世の中にハマると嬉しい
デメリット 前例が無いので失敗する可能性の方が高い

④WEB系のビジネス

世間一般で言われる「実業」に対して、店舗を持たずにネット上でビジネスを構築することができる「インターネット起業」は、起業のリスクを圧倒的に抑えることができます!

主なビジネスは以下の通りです。

WEB系ビジネスの起業例

・アフィリエイト

・ECサイト運営

・情報販売ビジネス

・ブロガー

・YouTuber

・WEBライター

・転売ビジネス

 

佐山
佐山
僕が経営している会社も、全てインターネット上で完結できるビジネスを展開しています!インターネット起業の開業資金はぶっちゃけ数万円で充分なので最高ですね!

「とにかくリスクを抑えて起業したい!」「在宅でパソコン1台で完結できるビジネスをやりたい!」という方には非常におすすめです!

「インターネット起業」についてより詳しく知りたい方は、下記の記事も参考してみてください。

【完全版】サラリーマンがネットビジネス起業を成功させる3つのコツ!おすすめのビジネス9選も!

2021.02.15
こんな人に
おすすめ
起業のリスクを抑えたい、パソコン1台で完結したい方
資金の目安 かかっても数万円
月収の目安 〜1億円(それ以上も全然いける)
難易度 全体的に難易度低め(難しいものもある)
メリット ほとんど開業資金がかからない、パソコン1台で完結できる
デメリット 参入するハードルが低いため、挫折する可能性が高い

⑤WEB制作系のビジネス

最近最も勢いのある起業法と言えば「WEB制作系」ですね。

例えばこんなビジネスです。

主なWEB制作系のビジネス

・プログラマー

・WEBデザイナー

・動画編集クリエイター

 

これらのビジネスは「スキルさえあれば在宅でパソコン1台で仕事ができる」というのが大きな特徴です!

コロナの影響もあり「在宅で仕事ができるようになりたい!」という需要が増えてきています。

「在宅で時間を気にせず悠々自適にパソコン1台で稼ぎげるようになりたい!」という方にはおすすめの起業法です!

ただ、WEB制作系ビジネスの欠点としては、スキル習得までに時間がかかるという点、さらに仕事の案件を自分でとってくる必要があるというところですね。

WEB制作系のビジネスは全体的に難易度が高く、月収10万を稼ぐまでに、少なくとも半年はかかってくるでしょう。

また「パソコン1台で人と関わらずに稼げると思ったのに、案件とるために営業かける必要あるんか、、、コミュ障の自分には厳しい…。」みたいなパターンに陥る方が非常に多い印象です。笑

佐山
佐山
メリットデメリット、両面について理解することが非常に大事になってきますね。
こんな人に
おすすめ
本業の仕事のジャンルが好きな人
資金の目安 業種による
月収の目安 業種による
難易度 業種による
メリット 今まで蓄積してきたスキルを活かせるので成功しやすい
デメリット 本当に好きなことではなかった時に後悔する

⑥投資家として脱サラ

投資家として脱サラする方法もあります。

投資家で脱サラする方法

・FXトレーダーとして脱サラ

・株式投資の配当で脱サラ

・不動産投資の収益で脱サラ

・仮想通貨で儲けて脱サラ

 

投資で収益を得ることができれば労働をする必要が無いので「時間の自由」はかなり効きます!

ただし、難易度はめちゃめちゃ高いと思った方がいいですね。
投資で生活していくためには「莫大な資金」「スキル」「知識量」が必要だからです。

そういう意味では「FXトレーダー」はいい例だと思います。

百歩譲って資金は数十万〜数百万でいいかもしれませんが、圧倒的なスキルと知識量がないとFXトレーダーとして生きていくのは不可能。

佐山
佐山
適当にやったら資金が一瞬で吹き飛び、100%失敗します。笑
僕も以前、たったの1分で20万円を吹っ飛ばし、大泣きしました。笑

なので僕のおすすめとしては、まずは自分で事業を作って、そこで得た収益を投資のスキルに変える。
そして余ったお金で投資を運用していく、という順番を辿った方が安全ですし、着実に資産は増え、豊かになることができますよ!

もし現状それほど資金がない、投資のスキルも知識もない、だけど投資家として脱サラしたい!という方は、まずは自分の事業で収入源をつくってから取り組むことをおすすめします!

こんな人に
おすすめ
投資の資金、スキル、知識がある
資金の目安 最低でも100万以上
月収の目安 未知数(月収で億を稼いでいる人も)
難易度 めちゃめちゃ高い
メリット 時間的な自由が得られる
デメリット 難易度が高く、失敗するリスクも高い

【番外編】

今回は「自分で事業」を立ち上げることをメインにお伝えしましたが、実は他にも起業する方法はあります。

それが「元々存在している会社を買う」という手段です。

難易度的には自分で事業を立ち上げるより、すでに売り上げを立てられる仕組みが完成しているものをそのまま買い取った方が楽ですよね。笑

とはいえ、ピンキリですが資金的には最低でも「数百万円」以上はかかってくるので、資金に余裕のある場合になりますね。

もし資金に余裕のある方は検討してみてはいかがでしょうか!

 

さて、ここまで色々なビジネスモデルを紹介しましたが、結論どのビジネスモデルの選び方次第で成功するか失敗するかが決まります。

それくらい重要なので、ここは慎重にじっくり決めましょう。

ただ脱サラ起業をする上で何よりも大事なのは「失敗をしないこと」

これは僕の主張として一貫して言い続けますが、脱サラ起業は失敗しないことを大前提に考えた方が賢明です。

佐山
佐山
特に起業初心者の場合、経験がないので「気合い」や「ノリ」で起業することほど危険なものはないですからね。

そのために「失敗しない脱サラ起業の手段を選ぶ基準」を明確に持って、その基準にそって自分が進むべき道を選択していきましょう。

次の章で、失敗しない脱サラ起業の手段を選ぶ基準を4つ解説をしていきます!

初心者が脱サラ起業に失敗しないための4つの基準

ここで紹介する4つの基準にそって脱サラ起業の手段を選べば、失敗する確率を飛躍的に下げることができます!

それでは、一つ一つ解説していきますね。

《初心者が脱サラ起業に失敗しないための4つの基準》

①初期費用が安いビジネスを選ぶ

②固定費がかからないビジネスを選ぶ

③仕入れがないビジネスを選ぶ

④利益率が高いビジネスを選ぶ

初期費用が安いビジネスを選ぶ

まず1つ目の基準は、初期費用が安いビジネスを選ぶということです。

なんだかんだ、実際に取り組んでみないと何もわからないのがビジネス。
万が一失敗した時のことを考えると、できるだけ初期投資は抑えておきたいところです。

佐山
佐山
逆に「よっしゃ起業だ!開業資金だ!」といって、数百万単位の開業資金をかけてスタートして失敗してしまったら、再起不能のダメージを負いますよね…。笑

なので最初の起業は必ず再起不能にならないレベルの初期費用しかかからないビジネスを選びましょう!

固定費がかからないビジネスを選ぶ

2つ目の基準は、固定費がかからないビジネスを選ぶということです。

先ほどの内容とかぶる部分はありますが、最初の起業はなるべくリスクを抑えたいところ。

例えば、基本「家賃やオフィス代」がかかるようなビジネスは危ないですよね。

佐山
佐山
家賃30万で売り上げが10万とかしか上がらなかったら、もうお手上げです、、、。

なので、固定費をできるだけかけないビジネスを選びましょう!

仕入れがないビジネスを選ぶ

そして3つ目は、基準は仕入れがないビジネスを選ぶということです。

通常、ビジネスをやるとなると「仕入れ」が存在します。

例えば、ラーメン屋をやるとすれば「小麦粉」「肉」「野菜」などなど、まず材料を仕入れないとビジネスが回りません。

佐山
佐山
業者さんに対して「あのー、小麦粉仕入れてたいんですけど、売り上げ上がるかわからないので、売れたら小麦粉代払いますね!」とはならないですよね。笑

つまり、「仕入れ」をする時点で膨大なリスクを背負っているということなんです。

仕入れたとしてもそれが売れなければ赤字ですから、普通に倒産します。

それは嫌ですよね…。

だからこそ、リスクを抑えるために仕入れがないビジネスモデルを選ぶことが非常に重要です。

利益率が高いビジネスを選ぶ

4つ目が、利益率が高いビジネスを選ぶということです。

仮に100万円の売り上げをあげたとしても、経費で100万かかったら当然ながら利益は0…。

佐山
佐山
これでは脱サラ起業する意味がありませんよね。笑

特に起業初心者の方は「利益率を意識しろ!」と言われてもかなり難しいです。

なので、最初から利益率の高いビジネスモデルを選び、取り組むことをおすすめします!

以上、初心者が脱サラ起業するためのビジネスを選ぶ4つの基準について解説しました。

①初期費用が安いビジネスを選ぶ

②固定費がかからないビジネスを選ぶ

③仕入れがないビジネスを選ぶ

④利益率が高いビジネスを選ぶ

 

「脱サラしたいけど、でも失敗はしたくない…」という方は、これら4つの基準にそってビジネス(手段)を選べば、失敗する確率を飛躍的に下げることができます!

となると、次に気になるのは「じゃあ、その基準を満たしているビジネスって何?」と言うことですよね。

そこで次の章で、上記4つの基準をクリアした、脱サラ起業初心者におすすめのビジネスモデルをランキング形式で紹介していきます!

脱サラ起業初心者におすすめのビジネスランキングベスト10

上記4つの選定基準にそって、おすすめのビジネスランキングを作成してみました!

下記の表をご覧ください!

順位 おすすめの
ビジネス
1位 アフィリエイト
2位 コンサルタント
3位 転売ビジネス
4位 プログラマー
5位 マッチング事業
6位 動画編集クリエイター
7位 WEBライター
8位 WEBデザイナー
9位 フランチャイズ
10位 FXトレーダー

 

ここからは、それぞれのビジネスを「4つの基準」に沿って評価してみましたのでご覧ください!

《1位》アフィリエイト

初期費用 ★★★★★★★★★☆
0〜数万円
固定費 ★★★★★★★★★☆
0〜数千円
仕入れ代 ★★★★★★★★★★
0円
利益率 ★★★★★★★★☆☆
50〜80%
難易度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
かなりやさしい
おすすめ度 ★★★★★★★★★★
すごくおすすめ

 

アフィリエイトとは「ある企業の商品」を「代行販売」して、そこから何%かの紹介料をいただくというビジネス。

初期費用もかからない、固定費もかからない、仕入れも無い、利益率も高いという、4拍子そろった僕の1番のおすすめです!

佐山
佐山
僕はアフィリエイトからビジネスを立ち上げ、脱サラすることができました!

僕が運営しているビジネススクールの生徒さんも「アフィリエイト」で脱サラしている方が多いですね。

詳しい解説はこちらをご覧ください!

サイドビジネス人気No.1のアフィリエイトの仕組みと収入を得る3ステップを徹底解説!

2020.08.20

《2位》コンサルタント

初期費用 ★★★★★★★★★★
0円
固定費 ★★★★★★★★★★
0円
仕入れ代 ★★★★★★★★★★
0円
利益率 ★★★★★★★★★★
ほぼ100%
難易度 ★★★★★☆☆☆☆☆
専門スキルが必要
おすすめ度 ★★★★★★★★☆☆
かなりおすすめ

 

コンサルタントは、自分の持っている「スキル」や「知識」を他社に提供するビジネスです。

詳しい解説はこちらをご覧ください!

【完全版】土日だけで出来る副業コンサルの始め方!月収100万円も夢じゃない!

2020.09.26

《3位》転売ビジネス

初期費用 ★★★★★★★★★★
0円
固定費 ★★★★★★☆☆☆☆
数千〜数万円
仕入れ代 ★★★★☆☆☆☆☆☆
数十万〜1000万
利益率 ★★★★☆☆☆☆☆☆
30〜50%
難易度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
かなりやさしい
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆
おすすめ

 

転売ビジネスとは、「安く買って、高く売る」ビジネスです。

例えば、楽天などのネットショップで購入したセール品を、Amazonやメルカリなどネットショップに必要な人に向けて定価で出品するなどして利益を出していきます。

開業のハードルも低く、やることが非常にシンプルなので、「まず脱サラしたい!」というサラリーマンには非常におすすめのビジネスです!

《4位》プログラマー

初期費用 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
スキル習得に数十万円〜
固定費 ★★★★★★★★★★
ほぼ0円
仕入れ代 ★★★★★★★★★★
ほぼ0円
利益率 ★★★★★★★★★★
ほぼ100%
難易度 ★★★★★★☆☆☆☆
やや難しい
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆
おすすめ

 

プログラマーとは、ビジネスを円滑に進めるためのツールだったり、システムを作成するビジネスです。

需要がめちゃめちゃ増えてきているので、一度身につければかなり安定的に稼げるということもあり、脱サラ起業にも非常におすすめです!

ちなみに自分でスキルを身につけていくこともできますが、スクールに通った方がより早くスキルを身に付けることができます。

その分早く脱サラすることができるようになりますよ!

下記のサイトで学ぶことが出来るので、もし興味があれば覗いてみてください!

《5位》動画編集クリエイター

初期費用 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
スキル習得に数十万円〜
固定費 ★★★★★★★★★★
ほぼ0円
仕入れ代 ★★★★★★★★★★
ほぼ0円
利益率 ★★★★★★★★★★
ほぼ100%
難易度 ★★★★★★☆☆☆☆
やや難しい
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆
おすすめ

動画編集クリエイターとは、その名の通り動画を編集するビジネス。

近年でYouTubeを活用したビジネスが増えてきたため、動画を編集するスキルはかなり求められています。

人を雇ってチームを作れば事業を大きくすることもできますよね。

フリーランスになりたい人にも、大きく事業展開したい人にもおすすめのビジネスです。

ただプログラミング同様、スキル習得にはプロに習うのが一番。
もし興味のある方は下記のサイトを参考にしてみてください。

《6位》WEBライター

初期費用 ★★★★★★★★★★
0円
固定費 ★★★★★★★★★★
0円
仕入れ代 ★★★★★★★★★★
0円
利益率 ★★★★★★★★★★
0円
難易度 ★★★★★★★★★☆
かなり難しい
おすすめ度 ★★★★☆☆☆☆☆☆
スキル習得までが難点

 

WEBライターとはある企業の自社サイトやブログの記事を代行で作成するビジネスです。

文章を書くスキルさえあればOKなので、リスク的にはほぼ0に近いですね。

ただし文章を書くスキルを習得するまでに時間がかかるので、これでご飯を食べていくとなるとかなりの訓練(最低でも1〜2年)が必要です。

業務内容としては、案件が掲載されいてるサイト(indeed)から探したり、個人で営業をかけて好条件で仕事を受けるのが主流なので、興味のある方はぞいてみてください。

《7位》WEBデザイナー

初期費用 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
スキル習得に数十万円〜
固定費 ★★★★★★☆☆☆☆
数千〜数万円
仕入れ代 ★★★★★★★★★★
0円
利益率 ★★★★★★★★★★
0円
難易度 ★★★★★★☆☆☆☆
やや難しい
おすすめ度 ★★★★★★★☆☆☆
おすすめ

 

WEBデザイナーは、主に企業のWEBサイトの構成作りからデザインまでを行うビジネスです。

ただし大きく事業展開をしていくというより、フリーランス的な起業に向いています。

ちなみにプログラミングや動画編集同様、独学でもスキル習得は可能ですが、スクールに通った方が早くスキルを身につけられます。

興味のある方は下記のページも参考にしてみてください。

《8位》マッチング事業

初期費用 ★★★★★☆☆☆☆☆
0〜100万円
固定費 ★★★★★★☆☆☆☆
0〜数十万円
仕入れ代 ★★★★★★★★★
案件によるがほぼ0円
利益率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
10〜20%
難易度 ★★★★★★★☆☆☆
結構難しい
おすすめ度 ★★★★★☆☆☆☆☆
おすすめ

 

マッチング事業は、人と人とをつなげたり、案件と案件をつなげることで成り立たせる事業です。

例えば今流行の「マッチングアプリ」や「人材派遣」などはこれにあたりますね。

案件さえあれば初期費用も固定費も仕入れ代もいらないのでリスクは低いです。

ただ、利益率がかなり低い傾向にあるので、大きく事業展開することが大前提。
難易度的にはかなり高い部類にあるといえるでしょう。

《9位》フランチャイズ

初期費用 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
100万〜1000万円
固定費 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
数十〜数百万円
仕入れ代 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
必ずかかる
利益率 ★★★★☆☆☆☆☆☆
25〜50%
難易度 ★★★★★★★★★☆
かなり難しい
おすすめ度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
おすすめしない

 

結論から言うと、正直フランチャイズはおすすめできません。
リスクが高すぎるからです。

確かにすでにうまくいっている事業を継承できると言う点では安心かもしれませんが、費用が莫大にかかっててきます…。

失敗したら怖いですよね。

正直フランチャイズよりもリスクが少なく、かつハイリターンの手段は腐るほどあるので、そちらを選んだ方がいいと思います。

《10位》FXトレーダー

初期費用 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
最低でも数十万円〜
固定費 ★★★★★★☆☆☆☆
数千〜数万円
仕入れ代 ★★★★★★★★★★
0円
利益率 ★★★★★★★★★★
0円
難易度 ★★★★★★★★★★
すごく難しい
おすすめ度 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
おすすめしない

 

「FXトレーダーは資金さえあれば自由に稼げる!」と言われていますが、そんなことはありえません。
なぜなら、FXで稼ぐには圧倒的なスキル、知識、経験が必要だから。

何十年間FXに取り組んで、通算でマイナスになっている人もいるくらいですからね。
甘い世界ではないということです。

もし本気でFXトレーダーをやりたいのであれば、まずは事業でお金を増やして、その増えたお金でFXのスキルを身につけ、投資家として進化した方が100%効率いいです。

まずはそれ以外のビジネスにチャレンジすることを強くおすすめします。

以上が脱サラ起業初心者におすすめのビジネスランキングです。

人によって脱サラ起業の目的は違うので一概には言えませんが、最初の脱サラ起業に関しては、リスクを抑えるというのはポイントは抑えておいた方がいいでしょう。

佐山
佐山
そう言う点では、「アフィリエイト」が圧倒的に優秀すぎるのでおすすめですね!

さて、ここまで脱サラ起業の全体像と起業するためのビジネス(手段)について解説してきました。

ただ、全体像を把握して、具体的なアクションを決め、「よっしゃビジネス開始!」というのは、ちょっと早いです。笑

その前にちょっとした準備をしていきましょう。

そこで実際に僕がやっておいてよかった準備についてシェアしようと思います!

僕がやっておいてよかった脱サラ起業の準備2選

《僕がやっておいてよかった脱サラ起業の準備2選》

①周りの人たちへの脱サラ起業することを言う

②リスクヘッジの情報収集

周りの人たちへの脱サラ起業することを言う

まずは家族や友達、会社の同僚など、周りの人たちへ脱サラ起業することを話しておいてよかったなということです。

事前に話しておいた方が何かと理解を得やすいからですね。

実際に僕も、友達から良い人脈を紹介してもらえたり、「お前に投資するわ」みたいな感じでご飯を奢ってもらえたこともありました。笑

例えば、何か困ったことがあった時に助けてくれるかもしれませんし、思わぬ人脈を紹介してくれるかもしれません。

また、執拗に飲みに誘われたりされなくなりますよね。笑

佐山
佐山
かなり動きやすくなるので、これは絶対にやっておいた方がいいですよ!

リスクヘッジの情報収集

脱サラ起業する上で、副業である程度ビジネスを育ててから実行するのが鉄則ですが、やはりそれでも100%成功するとは限りません。

何があるかわからないですしね。

そこで僕が「マジでやっといてよかった…」と思ったものが、リスクヘッジの情報収集。
具体的には、「給付金関係」の情報です。

僕は脱サラ起業してから数ヶ月後に収入が0になり死にかけたのですが、その際に失業保険をもらえたことで何とか生き長らえることができました。笑

そういう知識があれば、それだけで精神安定剤にもなりますし、集めておいて損はないです。

佐山
佐山
特に失業保険の申請の仕方くらいは絶対に覚えておいた方がいいですよ!

詳しくは下記の記事も参考にしてみてください。

【借金800万で退社した僕が語る】会社を辞めたいのにお金がない状態を解決する7つの対策と給付金まとめ!

2020.10.23

脱サラ起業をスムーズに行うために、この2つは絶対にやっておくことをおすすめします。

最後に、逆に世間一般的に言われている脱サラの準備があると思いますが、「いや、これ別にいらなくね?」と思ったものもお話ししておきますね。

《世間一般的な準備で「別にいらないな」と思ったもの》

①「人材を用意しよう!」
=1人で起業したので全然いらなかった

②「開業資金を集めよう!」
=インターネット起業したので全然いらなかった(もちろん業種による)

③「経理について勉強しよう!」
=わからなければその都度(例えば「確定申告」)YouTubeの情報とか見れば全然まかなえる

【最後に】脱サラ起業を成功させるために最も重要なこと

それでは、最後に脱サラ起業を成功させるために最も重要なことをお話しします。

それは「考え方」そのものを変えていくということです。

なぜなら、サラリーマンと起業家は「考え方」がまるで違うからです。

サラリーマン思考のまま脱サラ起業を成功させることは絶対できません。
これを知らないと、いくら方法論を学んだとしても、絶対にうまくいくことはありません。

まずは下記の図をご覧ください。

サラリーマン 起業家
収入 会社からもらう 自分で稼ぐ
時間 会社に支配されている 自分でコントロールする
ルール 会社から定められている 自分で決める
リスク 会社が守ってくれる 自分でなんとかする
生き方 依存的に生きている 自己責任で生きている

 

表を見ていただくと分かる通り、サラリーマンは全体的に「何かに依存をしている状態」、起業家は「全て自己責任で生きている状態」と言えます。

サラリーマンは最悪何もしなくても最低限の収入は入ってきますし、何か仕事でヘマをしてたとしても、会社が守ってくれます。

逆に起業家は自分で売り上げを立てなければ収入はゼロ、そして全ての仕事を自分で責任を取らないといけません。
誰も守ってくれないからです。

《僕の失敗談》

ちなみに僕は2年前に脱サラ起業した当初はかなりダラけてしまい、毎月の固定費より収入が低くなって死にかけたことがありました…。

その時は「なんで俺はこんなに不幸なんだ、、、」とか思ってましたけど、起業家になった時点でそれはただの言い訳。

本当に青かったなと思いますね。。。笑

 

この「サラリーマンと起業家の思考のギャップ」を理解していかないと、起業の世界で生きていくことはまず不可能。

僕自身の経験からもそう言えますし、起業の世界で成功している人達は例外なく全員「自己責任」で生きているからです。

あなたも脱サラ起業を成功させたいのであれば「依存」から「全ては自分の責任」という考え方に変化させていきましょう!

まとめ:まずはしっかり起業する目的を決めよう

《今回の内容のまとめ》

【脱サラ起業を成功させる全体像】
STEP①目的を決める
=なぜ脱サラ起業したいのか?

STEP②目的から逆算した手段を決める
=多くの選択肢(ビジネス)を知って、自分にあったビジネスを選ぶ

STEP③副業としてビジネスをやりながら知識とスキルを身につける
=同時にしかるべき準備も行っていく

 

何はともあれ、まずは「目的(ゴール)」がないと始まりません。

早速、紙とペンを用意し「自分はなぜ脱サラ起業をしたいのか?」
目的を書き出すところから始めてみてください。

目的を明確にしたら、この記事を参考に「あなたに合った手段(ビジネス)」を選んでいただき、副業として始めていきましょう!

ちなみに、期間限定で
「月収100万円の不労所得を構築して、たったの6ヶ月でサラリーマンを脱する方法」
を完全解説した電子書籍を無料でお配りしています。

もし
「もっと早く脱サラしたい!」
「不労所得を作って何の心配もない状態で脱サラしたい!」
「不労所得を作って、家族との時間をもっと増やしたい!」
と思われているのであれば、下記より無料でダウンロードできますので、一度手に取って読んでみてください。