【脱サラするか悩む…】そんな方へ脱サラしても大丈夫な理由と脱サラできる方法を解説!

「脱サラするか悩むな…サラリーマンに見切りをつけたいんだけど、不安で気が進まない。」
そう感じているのではないでしょうか?

脱サラって人生においてかなりの一大イベントですし、かなり悩みますよね。
いざ辞めたいと思っても、中々踏み出せないと思います。

佐山
佐山
僕自身、脱サラする際はかなり迷っていていました。ですが、お世になっていた社長さんから「もう会社やめろよ」の一言で決心がつきましたね。

今回の記事では脱サラするか悩んでいるあなたへ、脱サラしても大丈夫な理由について解説していきます!
その理由を知ることができれば、脱サラは何も怖くありません。

佐山
佐山
それと、僕が実際に経てきた脱サラを100%成功させる方法を解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

まず最初に、そもそもなぜ脱サラに悩んでしまうのか?原因について解説していきます!

脱サラに悩む理由

なぜ脱サラするのに悩んでしまうのか?

結論からいうと、脱サラして起業家になること、サラリーマンのままでいること、それぞれのメリットデメリットをしっかり理解していないからです。

脱サラするメリットがサラリーマンでいることのメリットを上回っていれば、必然的に脱サラするしかない!!となるじゃないですか。

佐山
佐山
僕は脱サラして海外移住をしたいという強い夢がありました。でもサラリーマンのままだと海外旅行は安定的にいけるかもしれませんが、移住は無理ですよね。
そうなると必然的に脱サラするしかない!となりましたね。

なので、まずは起業家とサラリーマン、それぞれのメリットデメリットについて理解ていきましょう!
次の章で詳しく解説してきます。

サラリーマンのメリットデメリット

【サラリーマンのメリット

 ①最低限の生活費を確保できる

 ②社会的信用が厚い

【サラリーマンのデメリット

 ①生涯収入が決まっている

 ②時間の制約がある

 ③クビになった瞬間終わる

メリット

①最低限の生活費を確保できる

サラリーマンの場合、毎月確定で給料が支払われるので、最悪食いっぱぐれることはないでしょう。

独立起業と比較すると、最低限の生活費を確保できるのは非常に大きなメリットですね。

②社会的信用が厚い

サラリーマンは会社の後ろ盾による社会的信用がかなり厚いです。

例えば、住宅ローンやクレジットカードの作成など、様々な場面で有利に進めることができます。

佐山
佐山
僕も独立前に必死こいてクレジットカードを量産していましたw

【完全版】サラリーマンが起業を100%成功させる準備を3ステップで解説

2020.12.03

【保存版】脱サラに失敗したら再就職?脱サラして地獄を見ないためにするべき6つの準備!

2020.11.02

そういった点ではサラリーマンの方が有利ですね。

デメリット

①生涯収入が決まっている

会社の給料というのは良い意味でも悪い意味でも、「固定」です。
食いっぱぐれるリスクが無い分、生涯収入が決まると言うデメリットが生まれてしまうんですね。
要は、人生において経験できる出来ごとが決まっていると言うことです。

佐山
佐山
例えば、月収20万円の人が「1億円の車を買う!」という目標を達成できるかといえば、できないですよね…。

固定で給料をもらっている分、そういったデメリットがあることも理解しておきましょう。

②時間の制約がある

サラリーマンは就業時間が決まっています。
つまり、人生を会社に捧げていることと同じ。

佐山
佐山
サラリーマンの就業時間は最低でも8時間ですから、人生の3分の1を会社に費やす、と考えると恐ろしくないですか…?

お金のためだけに働くことになる、という悲しい状況に陥ってしまう点は、個人的には非常にやばいデメリットだと思っています。

③クビになった瞬間終わる

サラリーマンと言えど、安定ではありません。
2020年に起こったコロナショックにより、大企業がリストラ、減給祭りを開催したのは記憶に新しいですよね…。

そうなった時に他に収入源がなかったとしたら、どうにもなりません。
完全に終わりです。
大切な家族を露頭に迷わせる可能性だってありますよね。

佐山
佐山
サラリーマンは実は安定ではありませんし、クビになった瞬間終わります。そう考えると、何か他の収入源を確保しておかないと危険ですね。

【完全版】将来に不安があるサラリーマンは副業をやるべき!6つの理由と1ヶ月で20万稼ぐ方法を解説!

2020.11.15

以上、サラリーマンのデメリットでした。

世間一般的には「サラリーマンが安定だ!」なんて言われていますが、僕個人的には全然そんなことないと思っています。笑
その理由を理解していただけたのではないでしょうか?

次の章では、それに対する起業家のメリットデメリットについて解説していきます!

起業家のメリットデメリット

起業家のメリットデメリットは以下の通りです!

【起業家のメリット

 ①時間をコントロールできる

 ②収入に上限が無くなる

 ③仕事が楽しくなる

【起業家のデメリット

 ①経済的に不安定になる

 ②全てが自分の責任になる

 ③一時的に社会的信用を失う

メリット

さらに詳しいメリットについてはこちらもご覧ください。

【起業するか迷ってる人必見!】サラリーマンから独立起業するメリット10選と独立起業を実現する3ステップ!

2020.11.11

①時間をコントロールできる

サラリーマンは会社に就業時間を課せられているのに対し、起業家は24時間365日時間を自由に使えます!

人生においてやってみたいこと、成し遂げたいこと、送ってみたい理想の生活、いろいろあると思いますが、そういったことを、サラリーマンと比べて実現できる確率が格段に高まります!

佐山
佐山
僕自身、ある程度自分の好きな時に好きなことをやれて、休みたい時に休める生活を手に入れることができました!マジで最高ですね。笑

独立起業することによって時間をコントロールでき、それによって人生を思うようにコントロールできるのもメリットの一つです!

②収入に上限が無くなる

サラリーマンが「固定給」なのに対し、独立起業をすると収入をいくらでも上げていくことも可能になります!

佐山
佐山
僕もサラリーマン時代と比べって、収入は2〜3倍になりました!今後もガンガン伸びることは確信しているので、楽しみです!

【月商218万円フリーランスが語る】フリーランスで月収100万円を稼ぐための3ステップ!

2020.09.17

③仕事が楽しくなる

独立起業してびっくりしたっことの一つに、実は仕事というのは「本来楽しいもの」ということです。
独立起業して好きなことを仕事にすれば、そりゃ楽しくなるでしょ、という話ですね。

佐山
佐山
僕は今の仕事にやりがいを感じていますし、本当に楽しいです!

仕事が楽しいってマジで幸せですよ。
だって人生の大半を占めるものじゃないですか。
そりゃー人生楽しくなるわ、って感じですね。

デメリット

 ①経済的に不安定になる

まず最初のデメリットとして、経済的に不安定になる、ということが挙げられます。

今まで毎月当たり前のように入ってきていた会社からの給料がパタっと無くなるわけですから、自分が何もしなければ収入は得られません。

もちろん、脱サラすることで自分の収入を頑張り次第でいくらでも上げることができるというのが、脱サラする最大のメリットでもありますが、それ故不安定になるということはぜひ認識しておきましょう。

佐山
佐山
不安定にならないよう、脱サラする前にしっかりと対策を打つことが非常に重要です!

【保存版】脱サラに失敗したら再就職?脱サラして地獄を見ないためにするべき6つの準備!

2020.11.02

 ②全てが自分の責任になる

会社に属している間は「会社」という大きな後ろ盾があり、多少自分のミスで信用を無くしたり、売り上げが下がったりしても、直接的に影響はありませんよね。

ですが、脱サラして自分でビジネスを立ち上げるということは、その後ろ盾が無くなるということ。
起こる事全てが自分の責任になります。

今まで気を配っていなかったところまで気を配り、経営者としての自覚をしっかり持っておくことが大事です。

 ③一時的に社会的信用を失う

脱サラして会社に所属しなくなると、社会的な信用が失われます。
日本では悲しきかな、会社に属している人と属していない人では、社会的信用に差が生じてしまうんですね。

具体的には脱サラして社会的信用を失うと、ローンが通り辛くなったり、クレジットカード作成の審査が通らなくなったり、賃貸契約がし辛くなったりといったことが起こります。

そういった分野に関して、何か準備をしておく必要があれば、脱サラする前にしっかり準備をしておく必要があるということです。

佐山
佐山
ちなみに僕も会社を辞める前にクレジットカードを大量に作りました。今では資金繰りにかなり役立っています!

それを見越して、独立前にはしっかり準備をしておきましょう!

以上、脱サラすることで生じるデメリットでした!

次の章では脱サラしても大丈夫な理由について解説していきます!

【全然問題なし!】脱サラしても大丈夫な2つの理由

脱サラしても大丈夫な理由は以下の2つです!
この理由さえ抑えていれば脱サラしてもなんの問題もありません。
しっかり理解しておきましょう!

【脱サラしても大丈夫な2つの理由

 ①社会保障がしっかりしているから

 ②再就職すればいい

①社会保障がしっかりしているから

日本って実はめちゃめちゃいい国で、社会保障がしっかりしているんですね。
ぶっちゃけ脱サラして失敗したとしても、最悪食いっぱぐれることはありません。

そんな社会保障についてはこちらの記事で詳しく解説してますので、しっかり理解していきましょう!

【借金800万で退社した僕が語る】会社を辞めたいのにお金がない状態を解決する7つの対策と給付金まとめ!

2020.10.23

②再就職すればいい

失敗しても再就職すればいいんです。
職種を選ばなければいくらでもありますからね。

しかも、起業経験があるだけで優秀な人材だとみなされ、かなりいい企業に入ることだってできるようになります。

佐山
佐山
そう考えると脱サラのデメリットってそんなにないですし、別に脱サラしてもよくね?と思いますね。

以上、社会保障と再就職すればいい、というリスクヘッジの手段を理解しておきましょう!

次の章では、さらに安定して脱サラするために、脱サラを確実に成功するための方法をステップ方式で解説していきます!

脱サラを確実に成功するため2ステップ

脱サラを確実に成功するためのステップは以下の通りです。

【脱サラを確実に成功するための2ステップ

 ①副業を始める

 ②最低限の生活費を稼ぐ仕組みをつくる

①副業を始める

まず最初のステップとして、「副業」を始めましょう。

安心して独立するためには経済的不安を払拭していく必要がありますし、万が一独立に失敗しても生活ができるように副業で副収入を作っておけば超安心です!

佐山
佐山
僕自身サラリーマン時代に副業で月収20万円を稼げる状態を作っておいたことによって、安心して独立起業を実行することができました!

ちなみに僕のおすすめは「インターネットビジネス」です!

詳しくは下記の記事を参考にしてみてください!

サイドビジネス人気No.1のアフィリエイトの仕組みと収入を得る3ステップを徹底解説!

2020.08.20

サイドビジネスとしてアフィリエイトに取り組む上で意識すべき3つのポイント!

2020.08.23

【2021年最新版】Twitterアフィリエイトで初月5万円稼げるおすすめの方法2選!

2020.09.21

【完全版】アフィリエイトで脱サラは余裕!半年で脱サラできる“究極の方法”を伝授!

2020.09.13

②最低限の生活費を稼ぐ仕組みをつくる

副業を始めたら、次のステップで「副業で生活費を当たり前に稼げる」という状態を目指していきましょう!
そういった最低限生活費を確保できる仕組みさえ持っていれば、まぁコケることがなくなりますよね。

まずはあなた自身の生活費が月々どれくらいかかっているのか計算し、最低限生きていけるだけの金額を洗い出しましょう。
ちなみに僕は大体奨学金や車のローンがあったため、月に20万円ほどの生活費が必要でした。

生活できる最低限の金額を稼げるようになれば、脱サラしても全く問題はなくなります。
まずはここを目指してやっていきましょう!

詳しい方法は下記の記事をご覧ください!

【目指せ脱サラ!】サラリーマンが安定した不労所得を作る2つのコツと3つの方法!

2020.09.07

【完全版】アフィリエイトで脱サラは余裕!半年で脱サラできる“究極の方法”を伝授!

2020.09.13

まとめ:まずは副業でしっかり準備をしよう

以上、脱サラしても大丈夫な理由と具体的な解決策について解説しました!

正しい情報を取り入れ、正しい戦略で行っていけば、脱サラするのは怖くないことを理解することができたのではないでしょうか?

結論は、まずは起業家とサラリーマン、それぞれのメリットデメリットを理解する。
そして副業を始め、生活費を安定的に稼げる仕組みをつくる。

ここまでやれば、まぁ失敗しません。
脱サラするか悩んでいるあなたの背中を少しでも押せていれば幸いです。

とにかく、まずはインターネットビジネスで副業を始めていきましょう!

【完全版】ネットで稼げる副業ランキングベスト10!正しい選び方4つのコツも解説!

2021.02.22