【目指せ脱サラ!】サラリーマンが安定した不労所得を作る2つのコツと3つの方法!

「不労所得を作って脱サラしたい!」
そう思っているのではないでしょうか?

不労所得を作って脱サラすることができれば、自分の趣味に没頭することもできますし、大切な家族と過ごす時間も圧倒的に増えると思います。

不労所得を作って脱サラできたら最高ですよね!

ですが、本当にそんなことできるの?と疑いの目を持たれている方も少なくないと思います。

そこで今回はサラリーマンでも安定した不労所得を作るためのコツと、その方法について詳しく解説していきたい思います!
ぜひ不労所得を作って脱サラを目指していきましょう!

サラリーマンが安定した不労所得を作る2つのコツ

まず最初に「そもそもサラリーマンが不労所得を作って脱サラは出来るのか?」と言う話ですが、
結論から言うと、十分可能です。

正しい方法で取り組めば、忙しいサラリーマンをやりながらでも不労所得を作ることは出来ます。

が、間違った方法で取り組んでしまうと、不労所得を作ることは不可能になってしまいます。

ここではサラリーマンをやりながら安定的に不労所得を作る上で重要なコツを2つ解説していきたいと思います。
抑えておかなければ、サラリーマンが不労所得を作るのはかなり難しくなってしまう部分になりますので、ぜひ抑えていきましょう!

①不労所得にできる手段を選ぶ

まず1つ目のコツとして、不労所得にできる手段を選ぶ、ということです。

そもそも不労所得にできない手段を選んでしまっては、目的を達成するとができなくなってしまうからです。

例えば、不労所得を作りたいのに「バイトで稼ぎまくるぞ!」とアルバイトに勤しんでいては一生不労所得は作れないですよね。
極端ですが、このように手段が間違ってしまうと不労所得を作ることはできません。

不労所得を作れる手段に関しては、後ほどご紹介致しますが、しっかり不労所得にできるビジネスモデルを選ぶことが大切です!

②継続する

不労所得を作る2つ目のコツとしては、継続するということです。

基本的に、ドカンと一発で不労所得を作れる方法は存在しないからです。

今回ご紹介する不労所得を作る方法もそうです。
継続しなければ不労所得は作れない、という認識を持って置くことが大切。

ましては、忙しいサラリーマンをやりながらであれば時間も限られますから、スキマ時間にコツコツと継続することが非常に大切だということです。

「継続は力なり」いうことわざもありますし、「続ける!」という覚悟を持って取り組んでいきましょう!

サラリーマンが安定した不労所得を作る3つの方法

それでは、いよいよサラリーマンが安定した不労所得を作るための、具体的な方法を3つご紹介していきたいと思います!

それぞれのメリットとデメリットも合わせて解説していきますので、ぜひご自身に合わせた方法を選んでいただければと思います!

サラリーマンが安定した不労所得を作る3つの方法

【目次】

①アフィリエイト(毎月の見込み不労所得:数千円〜数百万円)
②投資(毎月の見込み不労所得:数千円〜百万円)
③金融(毎月の見込み不労所得:数万円〜数千万円)

①アフィリエイト

まず不労所得を作る1つ目の方法は、アフィリエイトです。

アフィリエイトとは、Web広告手法のひとつで「成果報酬型広告」とも呼ばれます。
「ある企業の商品」を「代行販売」して、そこから紹介料をいただくというサイドビジネスです。

アフィリエイトの詳しい概要はこちらの記事をご覧ください。

サイドビジネス人気No.1のアフィリエイトの仕組みと収入を得る3ステップを徹底解説!

2020.08.20

アフィリエイトはネット上に商品を販売する仕組みをセットすることで、自動で収益が発生する状態を作ることができます。

また、難易度や取り組むハードルも低いためビジネス初心者でも取り組みやすいビジネスモデルです。

ではアフィリエイトで不労所得を作っていく上でどんなメリット、デメリットがあるのか?
見ていきましょう!

メリット

  • パソコン1台で取り組める
  • スマホでできる手法も多いため、スキマ時間を活用できる
  • 初期費用がほぼかからず取り組める
  • 型にそって取り組めば誰でも稼ぐことが可能
  • 仕組み化して自動収入を作ることができる

デメリット

  • すぐに稼ぐことは難しい(初の収益発生まで早くて1ヶ月程度)
  • 稼ぎ続けるために継続する必要がある

②投資

2つ目の不労所得を作る方法として、「投資」が挙げられます。

投資とは、自分の資産を何かしらの案件に預けることで、資産を増やすという手法です。
例えば、FX、株式投資、不動産投資、などが挙げられます。

投資もアフィリエイトと同じく自動で収益を発生させる仕組みを作ることができます。
手法によっては難易度が低かったり、スキマ時間に取り組めるものも多いため、不労所得を作りたいサラリーマンに人気のビジネスモデルの一つです。

そんな投資で不労所得を作っていく上でのメリット、デメリットを挙げていきたいと思います!

メリット

  • パソコン1台で取り組める手法もある
  • 資金があればあるほど有利
  • 仕組み化することで自動収入を得られる

デメリット

  • 全ての資金が一瞬で飛ぶこともある
  • 不労所得を作るには知識と経験とスキルが必要

投資に関するビジネスモデルの詳細が気になる方は、こちらの記事を参考にしてください。

サイドビジネス人気No.1のアフィリエイトの仕組みと収入を得る3ステップを徹底解説!

2020.08.20

③金融

そして最後のおすすめの手法は「金融」です。

金融で不労所得を得る仕組みとしては、お金でお金を増やしていくということになります。
例えば、銀行預金に預けて金利が付くのも、一種の不労所得です。

また、金融の商品は様々あり、そういった商品を購入していくことによって金融で不労所得を作ることができます。
積立Nisa、海外の銀行預金に預ける商品(オフショア)、プライベートバンクなど、お金を置くだけで自動でお金が増える、まさに最強の不労所得です。

少々難易度も高いため初心者にこそ向いていませんが、資産をたくさん持っている方には非常におすすめの不労所得の作り方になります。

金融で不労所得を作るメリットとデメリットを見ていきましょう!

メリット

  • 一切の労働抜きで不労所得を得られる(本物の不労所得)
  • 資金があればあるほど有利

デメリット

  • 運用する資金がないと取り組めない
  • ある程度のステータスが必要
  • 詐欺のような案件も存在する

サラリーマンが不労所得を作って脱サラするまでの3ステップ

サラリーマンが安定した不労所得を作る3つの方法を解説させていただきました。
あなたに合っているものは見つかったでしょうか?

では次に、サラリーマンが不労所得を作って脱サラするまでの3ステップということで、具体的な脱サラする流れについて解説していきたいと思います。

このステップを踏んでいただくことで、より精度の高い不労所得を作る取り組みが出来ますので、是非チェックしてみてください!

【STEP.1】最低限生活できる金額を計算

まず最初に、あなた自身の毎月の支出を見直して、最低限生活できる金額を計算していきます。

この金額を決めておくことによって、どんな手段を選ぶべきか?判断することができるからです。

例えば、月に10万円程度であればアフィリエイトが最も効率よく稼ぐことができるので、アフィリエイトに取り組めばいいということがわかります。
逆に、現状生活費が月に100万円程度かかっているとなれば、金融で不労所得を作る取り組みをしようということになります。

目標によって効率の良い方法は異なってきますので、まず最初に最低限生活できる金額を計算しておきましょう!

【STEP.2】いつまでに脱サラしたいのか決める

次にいつまでに脱サラしたいかを決めます。

この2つを明確にすることによって、「何をいつまでに」という部分が明確になり、目標を達成しやすくなるからです。

例えば、「月10万円の不労所得を、1年後の〇〇年〇〇月〇〇日までに作るぞ!」という目標を立てることによって、どういったビジネスモデル、スケジュールで取り組めば良いのかが明確になります。

より「不労所得を作って脱サラする」という目的を達成できる確率がアップします。

逆に、いつ辞めるかを明確にしないままにすると、なんだかんだサラリーマンをやっていても生活が出来てしまうため、「別に辞めなくてもいいか…」という考えに陥ってしまい、結局不労所得を作るのを諦めてしまうことにもなります。

そうなっては非常に残念ですよね…。

ですから、「〇〇までに辞めるんだ!」というタイムリミットを設けるのは非常に大切なフェーズです。

しっかり明確にしていきましょう!

【STEP.3】不労所得を作る方法を選ぶ

「いくら欲しいのか?」「それを何時までに達成したいのか?」この2つを明確にした上で、最後に方法を選んでいきます。

自分にはアフィリエイトが適しているのか?投資なのか?はたまた金融なのか?決定してきましょう。

例えば、仮僕が24歳のサラリーマン時代に戻った時、不労所得を作って脱サラしようと考えた際どういった選択をするのかといいますと、僕の場合、月の生活費が「12万円」程度で、「25歳になるまでには辞めたい!」と考えると思います。

そして僕には貯金もありませんでした。

そうなると、「資金0の状態から1年で12万円の不労所得を作る」ということが目標となります。

よって、24歳の僕に最も適している不労所得を作る方法は、初期費用がほぼかからず、スキマ時間にも取り組める「アフィリエイト」が最も適していることがわかります。

もし僕と同じような状況でも、資金が数百万円以上あれば、投資か金融のいずれかに取り組むのも「あり」です。

このように、あなたの現状と目標を照らし合わせて、最も適した方法を選んでいきましょう!

まとめ

以上、忙しいサラリーマンが脱サラするために安定した不労所得を作るコツと、その方法について解説させていただきました。
忙しいサラリーマンでも正しい方法で取り組めば、十分に不労所得を作れることをご理解いただけたのではないでしょうか?

実際に僕もサラリーマン時代にはアフィリエイトで不労所得をコツコツと作り、脱サラをすることができました。
現在は目標である「海外移住」のため、月に300万円の不労所得をせっせと構築中です。

今回の記事が、あなたが脱サラするための不労所得を構築する足掛かりになっていれば嬉しいです。